<< 連敗継続 そういえば >>

最近読んだ本

c0108768_0252823.gif

左上から。

たまたまラジオを聞いていて,本人がこの本の紹介をしていたので,買ってみることに。なかなか面白い件もありました。「日本文化が新鮮さを好む理由」に対して「西洋文化の熟成を美徳とする理由」みたいなものは妙に納得してしまいました。

また,この本のタイトルもいいなと。ただ,全面的に筆者の考えに賛同はできませんでした。

というのも,人生の夢を語らなくなるぐらい年齢を重ねてている筆者は,賢くて,成功していて,老後にだってゆとりがあるぐらいお金持ちなのよね,きっと。だから,夢を追いかけなくってよくて日々を楽しめたらいいじゃんなんてことがいえるんだろうなあなんて。私,かなり斜めに見てますね,この人のことを。だってねえ,周りを見てたら,夢なんて語れないぐらい現実は厳しい気がしますもの。

右上。

乙女*さんお薦めです。池波さんは,他の人からも薦められたことがありましたが手に取るのは初めてです。並行して,左下のを読んでいる私としては,なんか男の人が書いた作品らしいなと。逆に左下のは女性らしい書き方だと。

どちらも闘う場面がよく出てきますが,書きぶりが全然違っているように思います。池波さんの方が劇画チックだなと。これはこれで面白いので,このシリーズも続けて読んでみようかなと思います。

この人の作品を勧める理由に,「出てくる食べ物が美味しそうなのよ」と言われることがありましたが,贅沢な物ではないのだけれど,本当に美味しそうだわと思ったのでした。

右下の。

なるほど。シェアハウスの話。そこに住む女性4人の周辺のことが書かれています。そういう設定が面白い。

先日,何気なくつけたテレビで見たドキュメンタリー番組を思い出しました。1件の家を知らない人同士,年齢もバラバラの男女が何人もで借りて住んでて,たまには一緒にご飯を食べているという内容でした。1人の下宿に帰るのは寂しいけど,誰かがいる家に帰るのはいいみたいなことを,住んでいる人みんなが思っているようでした。これもそういう感じかな。

この作品では,ここから恋愛に発展したら安易だなあと思った所では,うまくそういうのは外しているし,この人は今,血迷っているだけねというところではちゃんと冷静になる時がき,この人の生き方はいかんやろと思う所では,本人としては不本意な結末が待っていたのも小気味よかったのでした。そういうので,甘過ぎない作品になっててよかったなと。

ただ,最後のおじさんは登場する必要があったかなあ?もっと別の設定はなかったのかなと思ったのでした。

左下。

3作目読みました。と,これだけのコメントでいいんかい?
[PR]
by meefo870 | 2009-12-05 16:30 | BOOKS
<< 連敗継続 そういえば >>