<< スムージー カメラ目線 >>

三宮へ行こう


少し前の話ですが,友だちと一緒に三宮へ行きました。

目指すはかの有名なスウェーデンからきたIKE*。行ってみたかったのです!!ですから,私にとってこの計画はすごーく楽しいものでした。

これまで,関東地区しかなかったこのお店。行くことが難しかったのですが,ポートアイランドなら日帰りで行けます。

友だちはパソコンデスクと椅子を調達する!!と決めていたので,大きな車も借りてのお出かけです。

最も安価で往復できるのはジャンボフェリーだと分かり,朝5時半の船に乗り込みました。ほとんど,寝てましたー。朝早いのは苦痛ではありますが,いざ,乗り込むとすることはないので楽々です。

船は9時過ぎに着き,ナビを設定。最新のナビではないので「ポートピアランド」で入力です。この跡地にこの店は進出してますからね。あっという間に目的地に着きました。ほんと,桟橋から近い!!便利!!

10時開店にもかかわらず,すでに多くの人が並んでいました。昼頃には入場制限される時もあると聞いていたので,開店直後に入れたのはよかったです。実際,2時過ぎに一通りの買い物を済ませて駐車場に行き,荷物を積み込んでから再び入店しようとすると,入場制限中と言われてしまいましたからね。

人は本当に多かった!!

行く前にHPでシステムは頭に入れていたつもりだったけど,実際に行ってみて,ほお,こういうやり方なのねと分かったことが多かったのでした。

友だちの買い物のおかげで,カタログの見方はばっちりです。品物探しも今度は完璧にできるでしょう。

私はランプシェードを買いました。
c0108768_22214914.gif


デザインはかわいい!!かなり気に入りました!!ですけど,ベースのコードやソケット部分の作りは雑なのではないかと思ったのは私だけでしょうか。日本製だと,もっとカチッと合う気がするのですけどね。

とまあ,文句を言っている私ですが,最終的なセッティングは夫がやってくれたので大きな口はたたけませんわ。

それにしても,IKE*楽しい!!

さて,買い物のあと三宮に出て中華街に行ったりハン*に行ったり,おいしいタルトを食べたりもできて満たされた一日でした。

が,無事に終わらないのが私の旅。

7時半にポートアイランドを出て,8時の船に乗る予定の私たち。桟橋は,神戸大橋を渡ってすぐ。目的地は見えています。

無事に橋を渡り終えましたが,複雑な都会の立体道路に惑わされ。私たちはモザイクまで連れ去られてしまいました。その時,7時40分。

なんとか,桟橋に戻ろうと,慌てて「中突堤」でナビ設定。無事に桟橋方面に戻れています。間に合ったと喜んだのもつかの間,警備のおじさんに「ここは観光船乗り場で,フェリー乗り場じゃない」と言われてしまいました。

そうか,桟橋はいろいろあるんだ。確かに朝見た風景とは違います。じゃあ,私たちが目指す桟橋の名は?このナビじゃわからない。ナビの使い方自体,よくわかっていないところに問題ありなんですけどね。警備のおじさんも分からない。「交番で聞いてみたら」と言われて引き返す。

友だちが「タクシーの人に聞こう!」と客待ちのタクシーに横付け。それいいね。うわぁー,でも,この人怖そう・・・坊主で人相が悪かったものですから・・・後で聞いたら,停めた友だちも,やばそうな人を選んでしまったと思ったそうで。でも,こっちも船の時間が迫ってますからね,そんなことはいってられません。

「すみませーん,フェリー乗り場に行きたいんですけれど,道に迷ってるんです」と言うと「こことはちゃうで」と,バリバリの関西弁で話すおじさん,やっぱり怖そう・・・

「フェリーは第三突堤や。二つ目の信号で国道2号線に出るんや。そこを右に行ってだいぶ走ったら看板が出てくるわ。左は三宮,右はポートアイランドいうやつや。それをポートアイランドの方に曲がったらすぐや」と教えてくれました。

めちゃめちゃ分かりやすい説明。その時,時刻は7時45分。もう,8時の船は無理かもと思っていたけれど,50分過ぎに港に着きましたー。よかったー。おじさんのことをちょっとでも怖いと思ったことを反省。ほんまにありがとうございました。

二人で喜びましたね。ですが,船の係の人が,私の往復チケットを見て「これで乗船できるかどうか分からないので,チケット売り場で確かめてきて」と言う。

えーっ,まじですかー。これで乗ってきましたって。往復って書いてありますって。でも,そんなこと言ってられませんので,チケットを持って売り場に走ります。ちらっとチケットを見た係の人が「大丈夫ですよ」と言ってくれました。やっぱり大丈夫なんじゃんかー。

そうでなくても,道に迷ってハラハラドキドキだったのに,乗船直前までドキドキが続いたのでしたー。

客室に座って2分も経たないうちに,船は港を離れたのでした。

この1日,あとあとまでの語りぐさだよね。

ちなみに,一緒に行った友だちにはここには書けないアクシデントもあり,ほんとうに激動の1日になっていましたー。お疲れさまでしたー。楽しかったねえ。ふふふ。
[PR]
by meefo870 | 2008-06-09 21:14 | TRIP
<< スムージー カメラ目線 >>