<< ケール入り 胡麻パン >>

最近読んだ本

c0108768_20225613.gif

左から。

うーん、今、話題の映画の原作ですが、うーん、私にっとってはそれほど魅力的ではないなあ。映像化された方が面白いかもしれません。

出てくる人があまりにも個性的すぎて、のめり込めなかったのです。残念。

キャストで土屋さんの看護婦はぴったりだ!!と思うのでした。

真ん中の。

映画、見たいなあ。

国分さんは、原作のイメージより柔らかいと思います。もっと気性が激しい感じなんだけど。

でも、いい話でした。「うまく相手に気持ちが伝わらない」、ほんと、そういうのが悩みになったりするもの。

やっぱりDVD借りに行こうかなあ。生の落語も聞きに行きたいなあ。

右の。

やっぱり好きです、瀬尾さん。

どう好きってうまく言えないけれど、雰囲気がいいです。それに、結末は思ってたのと違ってたのがよかったー。なんて想像力がないんだろう、私っておもいましたけど。ふふふ。

始まりの暗さは相当だったけど、なんか、じんわり元気が出るなあ。ものすごく元気になる話って嘘くさくて嫌なんだけど、この適度に元気になるってのがほんと、良かったです。

c0108768_1734544.gif

この本も読みました。

再読のはずですが、やっぱりほとんど覚えていませんでした。でも、断片的には覚えていたので、こういう展開になって行くと思うんだけど途中経過が分らなくてイライラという、かなりもどかしい気持ちになりました。

「僕」と「ユキ」の会話が好きだったし、「僕」の言っていることは、かなり深いことなのねと思ったのでした。

随分前に読んだ時のmeefo870は、この話のいったい何がよかったんだろう?と思ってしまいます。以前の自分の気持ちを忘れてるんですよね。

きっと、また何年かして読んだら、さらにいろんなことに気づくのかなと思ういい作品でした。

再読、大事なことだわ。
[PR]
by meefo870 | 2008-10-05 17:14 | BOOKS
<< ケール入り 胡麻パン >>