2011年 11月 20日 ( 1 )

最近読んだ本

最近、本は読んではいるのだけれど、読める時間が少なくなっているのと、読むスピードも落ちているような・・・。間に漫画も挟まっていたり・・・。
c0108768_1918411.jpg


これは最後まで、この話の世界観はいいのか?私は好きなのか?と思いながらなんとか最後まで読んだのでした。

特に劇的な展開がある訳ではなく、どちらかと言えば淡々と進む話で、私は誰に感情移入をすればよいのやら。

どうしてこの題なのかも不明なまま終わった本でした。

c0108768_19213510.jpg

それに対してこちら。

もう、最後までハラハラどきどきでして。ああ、これからこの人たちはどうなって行くんだろうと心配ばかりしながら読んだ本でした。

いつもこのシリーズを読むたびに思うのは、なんと心優しい人の集まりであるのかということ。いつもいつも相手のことを思いやっている。自分の決断が自分の人生を好転させることになるのに、そこを犠牲にして、相手が幸せになることを選ぼうとしているのが、ほんと、すごいです。

澪さんの最後の最後の決断に、もしかしたらそうするかもしれないなと、ちょっとだけ思っていたけれど、でも、それでいいのですか?と聞いてしまいたくなります。

江戸時代に身分が違うということの大変さを、悲しさを、虚しさを感じた1冊でした。文中の人であり、生きた人間ではないことは重々承知していますが、澪さんの幸せを願わずにはおれません。

作者は、結末を決めて書き進めているとあとがきに書いてありました。どうか、ハッピーエンドにしてください!
[PR]
by meefo870 | 2011-11-20 19:29 | BOOKS