カテゴリ:BOOKS( 89 )

最近はまっている漫画

c0108768_10591435.gif

最近、私は長風呂です。

というのも、この本を読んでいるからー。

今まで気にはなってて、でも買うまででもなく、漫画喫茶に行くまででもなく・・・。映画になったりドラマになったりするぐらいなんだから、良い話なんだろうと読んでもみたくて。

そしたら、コンビニにありましたー、いっぺんに2巻分近く読める雑誌タイプ。「そこのあなた、手に取って読んでみませんかー」とばかりにありました。

ふんわかした話だな。独特の世界というのはよくわかりました。随分大人になっちゃっている私にはまどろっこしいとも思えてしまいますが・・・もう私、ピュアじゃないですなー。

今のドラマのハグ役の人、コマーシャルでしか見てませけど、ちょっとイメージじゃないなあ。大きすぎるんだよ、きっと。映画も見てませんけど、そっちの方がよさそう。

先が気になります。3巻は1月28日発売。買いに行かなくっちゃ。って、すっかり虜ですね。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-24 21:50 | BOOKS

最近読んだ本

c0108768_1042243.gif

右から。

この人の本、初めてです。

そう言えば最近、作者の西さんは織*作之助賞をとったということがニュースになってました。と言って、そんな賞を初めて聞きましたし、織田さんなる作家がどんな人かは知らないのですけれど。

さて感想ですが、読んでよかった!!!

本の裏には「ヒーローだった兄ちゃんは、20歳4ヶ月で死んだ。」とあるにもかかわらず、兄ちゃんが死んだ場面では衝撃を受けましたー。

26万部のロングセラーとも。納得です。

ことばがきれいで比喩も独特、話自体は結構どろどろしてたりするのですけど、どんどん引き込まれて行きました。

西さん、現在30歳。この本が出たのが2005年ってことは27歳頃に書いたってことでしょう。すごいです。

本屋で「あおい」も買ってしまいました。

真ん中。これは既に映画化されているとは知りませんでした。

この人のことは4年ぐらい前に知りました。有名な本屋さんが、「これから注目の作家です」といっていたので。

その時に読んだ「図書館の**」はいまいち。なんだか軽くて物足りなさを感じたように思います。

でも、これはよかったー。不覚にも公共交通機関の中で泣きました。

ちょっと前に読んだ「卵の*」もよかったし、これもよかったので、あの本屋さんは作家の素質を見抜く力があったんだなあと改めて思いました。私にはなかったんだわとも。

それから、左の。映画はテレビでもやっていたとか。見ませんでしたが、兄弟のキャストは知っていたので、本を読んでてもその人たちの顔になっちゃって・・・

弟のキャストはぴったりと思うけど(失礼だろうか)、兄ちゃんはカッコよすぎやしませんかー。

江國さんの独特な世界が好きで買ってしまうし読んでしまいますが、いつもいつもどの本も、最後のところまできて「ここから先は自分で考えてねー」と読者が投げ出されてしまうような気がしてしまうのは私だけでしょうか。

江國さん、「この2人の男性には、自分のスタイルと考え方があります。それさえあれば大丈夫、と、私は個人的には思うのですが、世界は荒野ですから、彼らがこの先どうなっていくのかは分かりません。」とか書かないで、なんかお話をすーっと終わらせて欲しいと思っているのです。

江國さんの「わからないふうに書けていればうれしいです。」って、十分そうなっていますよー。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-21 20:10 | BOOKS

読むことになった漫画

c0108768_22134438.gif

どちらも夫に薦められて読み始めた。夫の読む物と私の読む物は全く違うのだけれど、たまーに、一緒に楽しめる物がある。

右の。
夫はかなりの田中ファン。初めは原作を薦められた。読んでみると、まあ面白い。

でも、あまりにも奇想天外過ぎてついて行けなくなることも。そういう点で、この漫画は私の想像の域を越えていることを画像にしてくれているので読みやすい。登場人物はちょっとだけイメージと違ってたんだけど・・・

左の。
随分前に書かれた本だけど、最近復刻版が出ているのだ。そんなことは全く知らなかったのだが。

夫が「あの漫画は面白かった。もう一度読んでみたい」というので、古本屋に行った。ところが全巻揃ってなくて、しかも1,2,3巻あたりがなかったので諦めて本屋へ。

そこでこの復刻版を知ったわけだ。

確かに面白い。まどろっこしいともいうけれど。また、細かい所に作者のこだわりがあるみたいで、そういうのを見つけるのもこの漫画を読む時の楽しみなのだそう。

ときどき、しかも突然、夫に「*刻クイズ」とかされるのには困ってしまう。そんなに細かく読んでませんので・・・

最近はアマゾンから、「14,15巻の予約をしませんかー」と薦められている私。予約まではしないけど、発売されたらそちらまでちゃんと買いに行きますからご安心ください、アマゾンさん。
[PR]
by meefo870 | 2007-10-20 23:59 | BOOKS

最近読んだ本

c0108768_22143031.gif

左から。
良い話でした。ちょっと泣きそうになりました。
自分から死を選んで死んだのに、抽選に当たったので誰かの体にホームステイして人生やりなおしって言われて、やったー、ラッキーなんて喜ぶだろうか?
死にたいぐらい人生に疲れたんだから死んだわけで、生きたくないでしょう。しかも誰か分からない人の体に入ってそこの家族とやり直すんですよー。
でも、いろいろ考えさせられました。良い話。
映画化されてたとは知りませんでした。
真ん中の。
これほど粘い話を読んだことがあったであろうかー。
あまりにもくどくて、しかも、主人公の男が煮え切らないから、イライラしてしまった。
でも、「現代女性の意志」みたいなのがテーマとか書いてあって、???だったのだった。
ほんと、途中で疲れて結末を読んでからまた続きを読んだのだった。
こんな男、嫌だ。というか、出て来た人みんなに共感できないのであった。
右の。
この人の話は、ついつい引き込まれてしまいます。
不思議な世界が広がって、先が知りたくなります。
高校生の女の子3人と男の子2人の夏休みにおこったできごと。
過去と大きく関わっていて、いろんな秘密が明かされていきます。
ちょっと予測できた話ではありましたが、読んでよかったです。
[PR]
by meefo870 | 2007-10-04 21:28 | BOOKS

好きな漫画

c0108768_22151385.gif

最近読んだ漫画。どちらもかなり好きです。
左のはかなり前ですけど・・・
好きだったのに、「完」であります。ヤンクミ、かっこ良かったよなあ。
まあ、2人はうまくいくんだろうなあ。そこまで知りたいのにねえ。残念だわー。
それにしても、テレビ番組になっている仲間さんのやっているやつは、特に続編の方の話はどこからできているのか?原作にない話だもの。(たしかそうだったでしょう?)かなり気になります。
右の。
去年、アマゾンが私に勧めてきた漫画。買いましたー。私、アマゾンの言いなりです・・・
とりあえず、1巻だけと思って買って読んだらめちゃめちゃ面白くて、6巻まで買ってしまってます。そして一昨日、夫がコンビニで7巻を買ってきました。あっ、夫もこれにははまってます。
7巻が出るならさあ、絶対にアマゾンが知らせてくるはずなのにと思っていたのですが、なんと7巻の発売日は10月15日。
アマゾンのお知らせが届かないはずだ。って、まだ売ってはいけないんではないのですかー??
とか言いながら、早く読めて良かったわーって思ってるんですけどね。
更に言えば、早く8巻でないかなあ。
[PR]
by meefo870 | 2007-10-03 21:45 | BOOKS

茂市さん

c0108768_22543136.gif

茂市さんの本、好きです。どれもほのぼのファンタジー。

特に「トラベル」、面白かったです。良い旅行ができるのよね。ここで申し込んだ旅なら、間違いなく癒されそう。

「庭」もいいですねえ。不思議な花屋さん。ここの花、買ってみたくなります。

茂市さんの本を読むたびに、「もっと自然に目を向けないとね」と思ってしまいます。
[PR]
by meefo870 | 2007-08-31 23:04 | BOOKS

こんな終わり方で良いのか!!

c0108768_213918.gif

ここのところ、週末と言えば寝ていた私が、最も時間を費やしたのは読書だ。というか、寝ているか、本を読んでいるしかできなかったのだ。おかげで、気になっていた物も読むことができた。
左から。
随分前に買ったのだけれど読もうと思ったら、なぜか下巻だった。買う前に気づけよな、私。別の日に本屋へ行ったら、タイトルをうろ覚えで買えず。平積みだったはずなのに見当たらず。別の本屋にはなく・・・。結局、アマゾンで購入することにしたので、手に入れるのに随分と時間がかかってしまった。それにしても良かったんだ、この話。兄ちゃんが帰っていった下巻の4分の3までは。でも、最後の最後でつまらなくなってしまった。こんな終わり方はいかん!!と、怒りに近いものがあったのだった。
真ん中の。
最終巻が文庫になるのを待っていた。随分待ったなあ。本当にワクワクしながら待っていたのだ。でも、先に読んだ人からは、最後がねえって聞いていた。本当にそうだった!!6巻の最後から10ページ前までは良かったんだ、この話。でも、あと10ページでけりはつかんわなと思ってたら案の定。こんなんで終わったらいかん!!と、これまた怒りの鉄拳!!
左端。
本当に奥の深い話だ。倫太郎は立派に成長したなと思う。この巻で、いろんな伏線も敷かれ、今後の展開が楽しみになってきた。でも、これで終わりんなだ。灰谷さんは亡くなってしまって、この続きを読むことは不可能なのだ。いかん!!こんな中途半端に終わられたら、気になって仕方がない。本当に残念だ。
と、「こんな終わり方で良いのか!!」という話を集めてみたのだった。
[PR]
by meefo870 | 2007-07-04 21:50 | BOOKS

再々読のはず

c0108768_1101917.gif

今日は雨です。

最近の深刻な水不足。ここの辺りに漂っている雨雲を全部引き連れて、早明浦ダムの上空に持って行きたい気分です。

さて、本当に久しぶりに佐藤さとるさんの本を読みました。

これらの本は家の本棚にあったのです。何冊も本は売ってきましたが、どうしても手放せずにおいてあった本。

一巻は1973年が第1刷です。私が持っているのは41刷です。人気のあった本なのですね。

この本との出会いは小学生の頃だったはず。それから何年かたって、これは思い出の本だからと自分で買ったように思います。それを久しぶりにあけてみました。

えっと、こんな話だったけ?と全く記憶に残っていない自分に飽きれたのでした。と同時に、ものすごく新鮮に思えて一気に読んでしまいました。

小学生の時に、どうしてこの本が好きだったんだろう?買って読んだ時はどう思ったんだろう?昔の自分に会って聞いてみたいです。

改めて読んでみて、なんて深い話だろうと思いました。こんな国が実際に存在している気分にもなりました。

アマゾンで調べてみると、家にあるのと同じ講談社文庫のシリーズはありませんでした。

そりゃそうでしょう。開けてみて思ったのは字が小さいってことでしたから。ちょっとおおげさかもしれませんが、今の文庫の字の半分?って感じがしましたからね。

いつから文庫の字って大きくなったんでしょうか?徐々に変わって行ったんだとは思うけれど、全く気づいていなかったなあ。まあ、今の方が読みやすいですけどね。

その分、本の値段は上がったんかなあ。そういえば文庫のくせに高いって思い始めた時期があったなあ。あの頃からかなあ。

それから、この話には続きがあることも知りました。近いうちに購入しよう。

ついでにいうと、村上勉さんの挿絵の力が大きいと思うなあ。あの絵がいいんだ!!

ということで、探してみると、ちゃんと原画も売ってるんだなあ。でも、小さいのにとっても高い。当たり前かもしれないけれど。

これはbellよさんに頼んで、村上さん風の絵を描いてもらうかなあなんて、邪なことも考えてしまいました。

結論としては、ほとんど再読ってしないのだけれど、読み返すことで新たな発見がというか、記憶のない私としては新鮮な驚きがあったので、時々、再読はしないとね、でした。
[PR]
by meefo870 | 2007-06-24 11:25 | BOOKS

最近読んだ本

c0108768_1727365.gif

最近読んだ本。

左端。
読んでよかったー。最近は、「富士丸」のブログも毎日必ずチェックしてしまうほどはまっている。犬を飼っている人なら「めちゃめちゃ気持ちが分かるーっ」て思うはず。もう、前書きの段階で泣きそうでしたから・・・「富士丸」もかわいいが、うちの「犬の郁蔵」もかわいいよ。
というか、郁蔵との時間を大切にしようとか、郁蔵をかわいがってやろうって、改めて思わされた本だった。今、アマゾンのカートの中には、ブログ版の本が入っている。あれも読みたーい。

真ん中。
ゆかさんに教えてもらった本。これまた面白い。ちょうど今、酒酵母を起こし始めたところで、麹とは?なんて思ってたところ。この細菌が見える農大生君に、うちのは元気に育っているか見て欲しいよ。これまた続きがかなり気になって、アマゾンのカートの中に2,3,4巻を入れているのだー。

右端。
先日、地元のバスケットチームを見に行ってから、ものすごく読んでみたーいと思っていたのだ.。真剣に漫画喫茶に行こうと考えてたぐらい。ところが、なんと同僚の中に全巻持っている人発見。さすがバスケット経験者。
私は勝手に24巻までだと思っていたのだが、いざ受け取ると31巻まであってびっくり。それでも読みましたよ。これで週末が2回潰れましたー。読むのが遅い私が漫画喫茶に行ってたら、ものすごいことになってたよな。いやー、ほんと、読めてよかったわー。そして読んでよかったわー、とも。
結構前の漫画なのに今読んでも十分に楽しめるってすごいなあ。これが少女漫画だとそうはいかないんだよね。それだけ少年漫画のテーマは単純明快ってことなんかな。ジャンプ系がそうなのだろうか。

さあーて、アマゾンに行って欲しい本を買ってこよう。
[PR]
by meefo870 | 2007-03-21 17:43 | BOOKS