カテゴリ:TRIP( 159 )

6日目午後

c0108768_13501262.jpg
運河巡りはしたい。でも、天候不順。
どのタイミングで乗れば、いいんだろう?
ちょっと晴れると、観光客で長蛇の列。
雨が降り始めると、みんなどこかに散らばってく。
なんか、面白い。
本格的な雨が小雨になったからと船着き場に向かい、待ち時間無しで乗り込みました。
が、乗り込んだとたんに土砂降りに。
乗った事を後悔・・・・。
c0108768_13502335.jpg
かと思えば、晴れ間が見えて・・・。
c0108768_13503345.jpg
たくさんの舟が行き交っています。
c0108768_13504211.jpg
馬車がめちゃめちゃ似合う場所です。
c0108768_13505294.jpg
スタート時だけがひどい雨だったけど、運河巡りは無事に終了。
c0108768_13510092.jpg
近くの教会へ。
地図で確認したら、この辺りには教会がいっぱいあって、何教会か不明です・・・。
たぶん聖血礼拝堂だと思う。
c0108768_13510796.jpg
またまたワッフル。
この車で焼いてるやつ。
これはリエージュワッフル。
c0108768_13584051.jpg
ワッフルを持って振り返ると馬車。
ブルージュ、ほんときれいな町。
行けてよかった!!!!!
また、1時間ちょっと電車に乗ってグラン・プラスに帰ってきました。
c0108768_13590599.jpg
イベントに向けて、さらに作業が進んでいます。
この場所、ほんとうに何回も通って、現場監督に負けない位、作業の進捗状況は見てました。

夕方、近くのスーパーに行ってお土産を購入。
c0108768_13592180.jpg
怪しい霰発見!
名前も「TAIKO」とか「BANSAI」とか「NEPUTA」とか、綴りが微妙。
ここで買ってもうちょっと買っておけばよかったなと思ったのは、ロータスのワッフル。
ちょっと温めて食べるととても美味しかったんで。
スーパーでもかなりの売り場面積だったので、地元の人の日常食なんだろうな。
日本でも手に入るかと調べたけれど、今のところは買えない感じ。
もし買えたとしても、高級品になるとは思います。
だって、チョコレートの値段とか全く違ってましたもん。
ああ、チョコの話は、また後ほど。
c0108768_13593120.jpg
まだ明るいですけど、20時位です。
グラン・プラスのレストランへ。
どのガイドブックにも載っている老舗のお店。
c0108768_13594157.jpg
地元のビール。
いろんな種類があります。
c0108768_13594974.jpg
地元の料理。
私たち、自由旅行のはずなのに、両隣がなぜか日本人。
そして、両隣の人も同じ料理を注文してた・・・。
6人のグループみたいになってて、お互い思わず苦笑い。

食事が済んで外に出ても、まだまだ薄暗い状態。
22時半頃からイベントがあるらしいとの情報は持っていたものの、
睡魔には勝てず、ホテルへ帰り爆睡しました。

[PR]
by meefo870 | 2015-06-06 14:28 | TRIP

6日目午前その2

c0108768_09185099.jpg
c0108768_09191629.jpg
とても美しいマルクト広場。

c0108768_09192899.jpg
高さ83メートルの鐘楼。
ここに上ってみたい!!!
でも、友だちは一度行ったことがあるからってことで独りで行く事に。
長蛇の列。
c0108768_09193901.jpg
ほらね。
でも、まだ短い方。
先刻まで雨が降っていたせいで、あまり列は延びてません。
c0108768_09195886.jpg
振り返ると、こんなに人がいてびっくり。
でも、塔から下りてきた時は、こんなもんじゃなく長かった!
c0108768_09201096.jpg
366段の階段を上ります。
待ち時間が長くなるのは、この階段のせい。
とても狭いので、入場制限があるのです。
1人出たら1人入れる仕組み。

c0108768_09202101.jpg
頂上に到着。
凄い霧。
というか、雲が下りてきてる感じで、このあと突風と横殴りの雨になり。
頂上は、雨がしのげる場所が少なくて、かといって降り口まで行くのも困るような雨。
しばらく、この頂上に独りっきり。
なんかすごく寂しくて、激しく心細くなってしまいました。
今思い出しても、胸がぎゅっとなります。
あの時間はなんだったんだろう?
c0108768_09203296.jpg
あそこに上ったんだなあ。
c0108768_09204265.jpg
昼ご飯。
ここはここでパンケーキ。クレープみたいな感じ。

[PR]
by meefo870 | 2015-06-06 10:57 | TRIP

6日目午前

c0108768_21150721.jpg
このホテルは朝食付き。
c0108768_21152928.jpg
これが、楽しかったなあ。まあ、簡単に焼けます。
c0108768_21154901.jpg
できたてワッフル。
c0108768_21163750.jpg
朝の風景。2年に一度のイベントに向けて準備中。
c0108768_21182495.jpg
いろいろ運び込まれています。
c0108768_21183816.jpg
中央駅に向かいます。
この日は、中央駅から約1時間の郊外へ行くことに。
c0108768_21211048.jpg
c0108768_21213501.jpg
かなり大きな駅です。チケット売り場でブルージュまでの往復チケットを購入。
c0108768_21220694.jpg
c0108768_21234269.jpg
新聞によると、晴れ曇り雨らしい。
って、本当に予報通りの一日でした。
c0108768_21245467.jpg
列車は、2階建て。結構、混んでいました。
c0108768_21253015.jpg
着きました。こういう風景が見えるまでに5分位歩いています。
さらに、「水の都」らしい風景まで15分位は歩いてます。
c0108768_21264224.jpg
美しい町です。
途中、雨が降り出して・・・。
でも、すぐにやみまして・・・。
そんなのばっかりな一日でした。


[PR]
by meefo870 | 2015-06-05 21:28 | TRIP

5日目午後

c0108768_11141399.jpg
ああ、しょっぱなから尾籠な話ですみません。
到着して、どうしてもトイレに行きたくなりまして。
有料やった・・・。
なんか、こういうのテンションが下がってしまう・・・。
心が狭いのは承知の発言・・・。すみません。
c0108768_11191640.jpg
着いたのは、ワッフルで有名な国。
私たちが乗った国際列車は南駅しかとまらないので、メトロに乗り換えて中央駅に向かいます。
この自動販売機がなんだかくせもので。
と、困ってたらボランティアの人登場。
中央駅までのチケットを買ってくれました。
c0108768_11252839.jpg
チューリップの国もワッフルの国も、人ごみとか大混雑とかと無縁なのがいい感じ。
いつもゆったり、のんびり。
施設や町は整ってて清潔で快適でおしゃれで、
しかも緊張もしなくていいのがとても素敵!!!とずーっと思ってました。
c0108768_11300901.jpg
無事に着きました。
ここで、3泊。
c0108768_11305343.jpg
ホテルから出たらこんな風景。
歩いて3分で、グラン・プラスに行けます。
c0108768_11315879.jpg
c0108768_11321325.jpg
滞在中、この広場には何度も来ました。
ほんとうに素敵。
でも一カ所だけ工事中で大きな幕で覆われていたのが残念。
c0108768_11333834.jpg
こんな車。
この後、何度も何台も見かける事になります。
c0108768_11345977.jpg
こういうの素敵っと思って慌ててカメラに収める。
c0108768_11353068.jpg
ワッフル、食べたかったんです。
って、着いたばかりでリサーチ不足。
このあと、いろんな所で目にしたワッフル店。
ここじゃなくてもよかったんだって、ちょっと後悔したー。
c0108768_11364961.jpg
ああ、ここのはブリュッセルワッフル。
ふわっとしてて軽い感じ。
みんなのんびりと公園で過ごしてていい感じ。
c0108768_11371526.jpg
この像に触るといいことがあるそう。

ガイドマップに書いてある通りに、道を行く私たち。
まあ、だいたいの人がガイドマップ片手に歩いて、同じ物を目指していましたが
着いたのは、有名なこれ!
c0108768_11403130.jpg
これって、めちゃめちゃ小さい!
c0108768_11414564.jpg
ほらね。
c0108768_11482272.jpg
こういうのは、すでに当たり前の風景に思えて珍しくなくなってる・・・。

昼がワッフルだけだったので、早めの夕食。
やたらと観光客の通る道のテラス席。
みんなに見られてましたが、だんだんそれも気にならなくなり・・・。
というのも、料理に夢中やったから。
c0108768_11511780.jpg
c0108768_11530217.jpg
ムール貝が有名。
身を食べた貝を一つトングがわりに使って、食べていくのだそう。
これがなかなか丈夫な蝶番で、ちゃんと身が挟めるのが面白くて、めちゃめちゃ食べました。
多分、一生分のムール貝、食べた!

夜の広場の美しさに見とれながらホテルの帰って爆睡。

[PR]
by meefo870 | 2015-05-27 20:45 | TRIP

5日目午前

移動日ということで、まったりする私たち。
c0108768_14295664.jpg
天気予報は、だいたい「晴れ・曇り・雨」って言ってると思う。
どんどん雲が動いて、どんどん天気が変わって行く。
あと、思いのほか寒くて、真夏仕様の自分の格好を恨めしく思った。
羽織るものは絶対いるし、サンダルとかは不要な感じ。
服を買おうかどうかかなり悩んだけれど、
帰ってから着るかなあって思ったら、なんか手が出なかった。

朝は、ホテルの朝食。
これも結構高い。で、メニューが素敵かというとそれほどでも。
圧倒的にアジアのホテルの方が、いろいろ食べられて楽しいと思ってしまう。
c0108768_14342710.jpg
乳製品、肉の加工品は素晴らしい品揃えではあります。

長く滞在したホテル。
自分の部屋のようになってましたけど、チェックアウトしてセントラルへ。
改札があるわけではなく、構内に入れる。
中にはかなりの数の店。
最終日まで知らなかったよ。
コンビニとかもあれば、ファーストフードもあって、
もうちょっとここに来てみたかったなあって思った最終日。残念。
警察の人も結構いるし、かなり安全な場所ともいえるし。
c0108768_14414616.jpg
c0108768_14350540.jpg
お店では現金を払っている人はほとんどいなかった。
ほんと、見かけなかった。
このカード払いの機械がどこにでもある。

私は贅沢な旅ができるわけではないので、少額をユーロに換金。
友との支払いはその都度現金払いで清算しながらやってきて、
個人で購入した物はほぼカード払い。

日本に帰ってきてから分かった事。
日によってレートは違っていたけど、
現金のレートに比べたら、カード決済の方がお得ということ。
カードの方が安全だし、次回の旅行はカード中心にしようと思った。
c0108768_14435443.jpg
ホームまでだれに止められる事もなく移動。
c0108768_14443185.jpg
フランス・ベルギー・オランダ・ドイツを結ぶ高速列車。
ああ、頭の中で全く地図が描けません。
c0108768_14475194.jpg
確か、このホームに係の女性がいて、その人にチケットを見せてから乗車したような気がします。
係がいたのは、ここじゃなかったけ?
乗ってから、車掌さんが来たんだったけ?
記憶が怪しい。
とにかく、全然日本の新幹線とは違う!!と思ったのでした。
c0108768_07331432.jpg
日本でこれも予約が取れ、プリンターで印刷したこの紙がチケット。
指定席のチケットです。
ほんとうにこんなので乗れるの???と半信半疑でしたが、乗れましたー。

1時間半後。
次の目的地に着きました。

[PR]
by meefo870 | 2015-05-25 00:53 | TRIP

4日目午後

c0108768_14151779.jpg
この日もパンケーキにチャレンジ。
おかずっぽいのと、デザートっぽいのを注文して分ける。
かなりなボリューム。
お腹がいっぱい。
エリアは9ストラーチェスだったと思います。
c0108768_14184463.jpg
このパンケーキ屋さんの人気。
ここは、本当に人気な店。
メニューが豊富だし、美味しいとも思いました。
c0108768_14211487.jpg
あっ、移動式バー発見!
みんな足下は忙しそうなんです。

確か、この日はダム広場周辺に行って土産物を見たり、
ホテルに帰って昼寝したりしたと思う・・・。
あっという間に夕方。
ホテルからそう遠くない所にはかなりな数のレストランや土産物店があったので
そこをうろうろ。
c0108768_14221526.jpg
ご飯はここにしようと決めて。
c0108768_14254243.jpg
いろんな種類のビールがありました。
あまりきつくないので飲みやすい。
c0108768_14261870.jpg
c0108768_14263457.jpg
お腹いっぱい食べて、デザートでも満たされて、やはり早々にホテルに帰り眠りについた私たち。
健全やなあって言い合ってた。






[PR]
by meefo870 | 2015-05-24 11:11 | TRIP

4日目午前

c0108768_14071818.jpg
毎朝、集合時間があるわけでもない私たちは、自分達で店を見つけて好きな物を食べる感じ。
社会人としての規則正しい生活が身に付きすぎているせいで、
旅行に来ていようと、ほぼ同じ時刻に目が覚め、
早々に寝てしまうという、
品行方正な私たち。
なんかちょっと寂しい・・・。

4日目の朝は、セントラルの見える外のカフェ。
物価が高いので、値段のわりにはなあって気分。

トラムに乗って散策に。
c0108768_14103213.jpg
c0108768_14110046.jpg
c0108768_14115237.jpg
人通りが少ない場所でも美しい。
置いてある自転車はかなり見たけど、
あまり乗ってる人は見かけない。
別の道を走ってたのかなあ?
c0108768_14125561.jpg
チューリップの博物館。
季節外れだけれど咲いているチューリップ。
c0108768_14133504.jpg
チューリップがいっぱい咲く時期に来てみたい国です。




[PR]
by meefo870 | 2015-05-19 20:34 | TRIP

3日目午後

c0108768_10250301.jpg
パンケーキ屋さんを出て町の散策。
オーラルケア専門店を発見。
歯磨き粉マニアの友は大喜び。

スーパーにも立ち寄ってみる。
c0108768_11062002.jpg
かごが面白い。
c0108768_10272273.jpg
c0108768_10270745.jpg
c0108768_10265476.jpg
ちょっぴり高級そうではありましたが、
そんなに大きなスーパーではなかったはず。
でも、肉の加工食品とチーズコーナーはものすごく充実してたー。
ここに住んでいるなら買って帰って食べたいもの満載。
でも、買えないからつまらないなあ。
c0108768_10280154.jpg
この乗り物、自転車と言っていいのか、いや自転車。
みんなでペダルを踏む事で移動してましたから。
やたらハイテンションで「ワーワー」言いながら近づいてきて、
「ワーワー」言いながら遠ざかる。
楽しそうと言えば楽しそう。
信号が変わりそうでも突っ込んで行ったりもしてて、
迷惑と言えば迷惑。
後で調べたら、これは自転車の「バー」
真ん中にバーテンダーがいて、
周りはお客さんなのだとか。
みんな酔っぱらいなのね。
どおりで、ハイテンションなわけですね。
c0108768_10385649.jpg
散策の終着点がダム広場。
みんな何をするわけでもない感じ。
トラムに乗って移動です。
c0108768_11004274.jpg
c0108768_10575351.jpg
ここの美術館も、日本で予約券が取れるそう。
もちろん、友だちが取ってくれてましたから。
あとで思ったのは、
ここはかなり広いのに結構早くしまってしまうから、
時間には余裕を持って行けばよかったなあってこと。
c0108768_11022400.jpg
有名な絵もいっぱいあります。
写真をとってもかまいません。
c0108768_11030292.jpg
この絵だって、撮影可。
日本で、この人の企画展が行われたとき、
凄い混雑でニュースになってました。
行こうか悩んで行きませんでしたけど、
ここで見られてよかったー。
c0108768_11050206.jpg
美術館でグッズなどを見てたらあっという間に時間が過ぎて。
外の公園では、これまたのんびりな人々。
随分明るいけれど、19時位だと思います。

晩ご飯を食べようと、トラムに乗って移動。
たぶん、もう記憶が彼方過ぎるけど、
ライツェ広場近くのインドネシア料理屋さん。

この国の旧植民地だったインドネシア。
インドネシア料理は一般的な感じ。
あとで調べてみると、この国では10人のうち1から2人が移民。
だから、いろんな国の料理が美味しいく食べられるのだとか。
c0108768_11084749.jpg
もう、お腹いっぱいってことで、トラムに乗ってホテルに帰り早々に寝た私たち。






[PR]
by meefo870 | 2015-05-18 00:05 | TRIP

3日目の午前

c0108768_23082401.jpg
このトラムのチケットがあれば3日間は乗り降り自由。
降り口の機械にカードをかざせばOK。
この町自体がそれほど大きくないし、便はいっぱいあるし、ほんと、何度も乗りました。
見えてる所でも歩かずに乗ってました。
もちろん、十分に元をとりました。

で、朝からトラムに乗り、ホテルからちょっと離れた所に向かう。
理由は、美味しそうな朝ご飯が食べられそうなお店があったから。
でも、行ってみるとかなり高級。
うーんん、朝ご飯にそこまで出さなくてもいいねってことで。
普通に、日本にもあるスター〇〇〇〇へ。
c0108768_23113364.jpg
何の変哲もない朝ご飯。
c0108768_23120445.jpg
この店内で、この犬と会う。
現地の女性の方と一緒にいたこの犬、半年前まで代々木に住んでたって。
「日本の方ですか?」と日本語で話しかけられました。
ああ、名前も聞いたんだけどなあ。
忘れてしまってます・・・。

さっさと食べてこの美術館へ向かいました。
このチケットも日本で取れるそう。
c0108768_23144783.jpg
予約の時間の前、ほんの10分ほどしか並びませんでしたが、雨が降ったりやんだり。
地元の人は、あまり傘をさしません。
たぶん、傘の人は日本人。
地元の人は、アノラックみたいなものをバッグからさっと出して羽織って雨を凌いでいました。
c0108768_23175191.jpg
たくさん彼の絵を見ました。
力強い絵です。
c0108768_23191274.jpg
またトラムに乗って、
花ばかり扱っている店が並ぶ通りへ。
地名はシンゲルだったような。
c0108768_23222519.jpg
夥しい球根!!!
夏にチューリップの球根。
日本では見かけないです。
c0108768_23225293.jpg
多肉植物やサボテンもいっぱい。
家が近かったらなあ。
買って帰りたい!!って思ってました。
c0108768_23233294.jpg
昼は、パンケーキがおいしいというお店に向かいました。
かなりの人が待ってました。
c0108768_23243222.jpg
お皿とか、テーブルとか、デザインが統一されててかわいいです。
c0108768_23251777.jpg
じゃあ、美味しいのかときかれると、返事は?????
そこまでじゃあないような・・・。
素人がえらそうに、すみません・・・。
人気の店というか、
作業の効率が悪くてお客さんを待たせてるから行列ができてる店
ということで、友だちとは意見が一致しました。

[PR]
by meefo870 | 2015-05-16 23:28 | TRIP

2日目の午後

c0108768_19175769.jpg
午後から天気が悪くなってきました。
でも、これは日本から予約してたし、行くしかないです。
運河巡り。
c0108768_19184713.jpg
あらゆる言葉に対応中!
この舟には日本語はあったけれど、
日本語はないところもたくさんあったなあ。
中国語、強いです。いろんな所で見た!
c0108768_19202656.jpg
セントラルからすぐの所にあるこのホテルに泊まってました。
c0108768_19210074.jpg
運河の上で生活する人も。全然、悪くないと思うよ!!!
絶え間なく通る舟に乗った観光客の視線は半端ないと思うけどね。
私もめっちゃ見ましたもん、家の中。
c0108768_19212931.jpg
c0108768_19215791.jpg
c0108768_19221084.jpg
こんな橋は、この国のイメージです。
c0108768_19223232.jpg
運河の中にカーブミラーって面白い。
信号機もありましたー。
c0108768_19225797.jpg
なんとか、雨、降らず。
よかったー。
と、この後からは、雨に翻弄される私たちってことになりましたけど。
ていうか、この時期のこの辺りの気候が、
激しく変化するものらしいと日が経つにつれて分かってきました。
c0108768_19222224.jpg
舟を降りてすぐ位の所にあります、ここ。
昨日の夜に通った時もいっぱい人が並んでたんで。
かなり人気の店らしいです。
c0108768_19261049.jpg
手に入れましたー。でも、もう芋はいらないって気分になったー。
c0108768_19264328.jpg
ここも日本から予約していたので、外せません。
予約制度があるにもかかわらず、すごい人が待ってました。
すぐ近くにある教会の敷地を半周する位。

ああ、見て悲しくなりました。
なんとも言えない気分でした。
旅の間にここで買った写真集のようなものも読みましたが、
読めば読むほど悲しくなりました・・・。

c0108768_19294458.jpg
c0108768_19295062.jpg
トラムに乗って、大きな広場へ。
この後、この周辺は何度も通りました。
いつも人がいっぱい。
c0108768_19324090.jpg
ちょっと怖い・・・。
この一画にある、ここにどうしても行きたいと友だちが言うので・・・。
c0108768_19332033.jpg
c0108768_19333419.jpg
この人、やたらリアルです。
c0108768_19335880.jpg
この国の伝統的な料理を食べて帰ってきました。
2日目終了。
濃い1日やったなあ。

[PR]
by meefo870 | 2015-05-15 22:55 | TRIP