<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

パスタ

c0108768_19154172.gif

週末にMIRIさんとやっていたのは、生パスタ作り。

前回の教訓を生かしてやりましたー。って、偉そうにいうことは全くないのですけれど・・・

今回は、ノーマル麺10人前。粉を1kg使っています。

生地作りは、フードプロセッサーでやると早いです。でも、1回にできるのは500gです。ですから5人前が1単位。

踏む作業は特にMIRIさん、がんばる。ありがとうねー。

しばらく寝かしている間に、ご飯を食べに行き、帰ってから伸ばしたり切ったりの作業。

c0108768_19215424.gif1単位の生地を3等分。それをパスタマシーンで伸ばして、切っていきました。

今回は、伸ばす目盛りは4。前回、5では薄いように感じたので。伸ばした後で、端を切りそろえたら、もっと長さの揃った麺ができただろうなと、反省。

パスタは打ち粉をしないので、切った後しばらく干すのがポイントらしい。

菜箸で麺をとり、その箸を室内物干に引っ掛けていきました。なんか、素麺屋さんみたい。干すこと1時間余り。

2〜4日ぐらい寝かした方がおいしいらしいけど、翌日には食べましたー。まだ干し方がたりなかったのか、今回も麺が引っ付いておりました。

私、麺作りはがんばったので、食べる時には全面的に夫に任せようと決めましたー。

夫はクリーム系のソースは嫌と言ってたはずなのに、「たらこクリームwith炒め細切りジャガイモ」と勝手レシピソースを作成。

うん、十分おいしいよ。麺はちょっと太めで弾力もあり、いい感じ。フニョフニョした生麺は苦手だけれど、今回のはよかったなあ。

一生懸命に作ったっていう思い入れで味の感じ方も変わるとは思いますけどね。何てったって、私、自画自賛が大好きなのですから。

あっ、夫は自分のソースと茹で方が良かったんだっていってます。ここにも自画自賛好きがおりましたー。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-31 22:12 | FOOD

残った生クリームで

c0108768_21164894.gif

さて、話は昨日の続きになるのだけれど、残った生クリームをどうしようかと悩みました。

じゃあ、みかさんの牛乳食パンのレシピで生クリーム食パンにしてみようと思ったのでした。

残った生クリームを入れて、足りない分は牛乳で。あとは全てレシピ通り。

ちゃんと発酵もしたし、釜伸びもしたし。違っているといえば、表面のつや。ぴかぴかコーティングされているみたいです。

食べると菓子パン。すごく甘く感じます。焼き面はちょっとかたいのですけど、ブリオッシュみたい。超リッチです。

たまには、こういうパンもいいなと思ったのでした。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-29 22:21 | BREAD

生チョコ

c0108768_219772.gif

先日作ったのは、たかこさんのレシピで生チョコ。

作ろうと思ったのは、生クリームの賞味期限が近かったから。んもー、こういうの良くないです。

作り方は至って簡単。板チョコを溶かしたところへ、沸騰させた生クリームを入れて、はちみつとコアントローを入れて混ぜて、ちょっと時間をおいて固まったら切り分けて、ココアの中でコロコロさせる。

うーん、簡単でした。

できた物は、ほんと、生チョコ。

全くチョコの味にうるさくない私は、十分満足できたのでした。

で、これを作って困ったのは、半分残った生クリーム・・・。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-28 21:16 | SWEETS

家族としての犬

c0108768_19245897.gif

友だちの犬が病気だと言う。早くよくなって欲しい。

現在14歳。人間にしたら、何歳なんだろう。高齢なんだろうな。

人間は人間の時間の流れの中でしか犬の一生を考えることができないから、まだ14歳だと思ってしまう。

たった14年しか一緒に過ごしていないんだから、これからだって今までと同じように一緒に過ごしたいと思っているのだ。

だから、犬はちゃんと元気にならなければならない!!と、私は思っているのだ。点滴姿は痛々しすぎるのだから。

犬人げない犬の郁蔵も人間の年齢でいうと立派な大人なんだろう。

飼い主より随分あとに生まれて相当若かったはずなのに、人間の年齢で換算してしまうと、すぐに飼い主を追い越してしまうのだな。

でも、そんなことは関係ない。郁蔵とはまだ6年しか過ごしていないという事実があるだけだ。

とにかく、それが犬でそれが人間。お互いに、それぞれの時間の流れの中で生きているということだ。

この限られた共有できる時間の中で、ちゃんとつきあっていけたらいいなと、改めて思ったのだった。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-27 21:25 | 犬の郁蔵

最近はまっている漫画

c0108768_10591435.gif

最近、私は長風呂です。

というのも、この本を読んでいるからー。

今まで気にはなってて、でも買うまででもなく、漫画喫茶に行くまででもなく・・・。映画になったりドラマになったりするぐらいなんだから、良い話なんだろうと読んでもみたくて。

そしたら、コンビニにありましたー、いっぺんに2巻分近く読める雑誌タイプ。「そこのあなた、手に取って読んでみませんかー」とばかりにありました。

ふんわかした話だな。独特の世界というのはよくわかりました。随分大人になっちゃっている私にはまどろっこしいとも思えてしまいますが・・・もう私、ピュアじゃないですなー。

今のドラマのハグ役の人、コマーシャルでしか見てませけど、ちょっとイメージじゃないなあ。大きすぎるんだよ、きっと。映画も見てませんけど、そっちの方がよさそう。

先が気になります。3巻は1月28日発売。買いに行かなくっちゃ。って、すっかり虜ですね。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-24 21:50 | BOOKS

黒ごまパン

c0108768_1516514.gif

夜、郁蔵の散歩に行ったら、小さな犬を連れて散歩中のおじさんに会いました。

郁蔵は、大きかろうが小さかろうが、自分以外の犬(近所のジローちゃんを除く)はみんな敵なので、やっぱり激しく吠えましたー。

でも、普段以上に激しく吠えるので、暗がりの中で目を凝らしてみると、おじさんが連れていたのは子猫でしたー。しかも、首輪にリード付き。かわいいー!!

けど、めちゃめちゃ子猫も怒ってましたー。そりゃー、郁蔵のこと怖いわな。

郁蔵、そんなに小さな猫に怒ったって意味ないじゃん。犬人げない。

さて、みかさんのレシピで黒ごまパン。

最初から黒ごまを入れてミキシングしたら、生地は灰色、胡麻は白色になってしまいましたー。

焼き上がる度に、胡麻はなるべく後で入れた方が色がよくなるよなあって思ってるくせに、毎回忘れて先に投入しちゃっています。ダメですねー。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-23 22:44 | BREAD

最近読んだ本

c0108768_1042243.gif

右から。

この人の本、初めてです。

そう言えば最近、作者の西さんは織*作之助賞をとったということがニュースになってました。と言って、そんな賞を初めて聞きましたし、織田さんなる作家がどんな人かは知らないのですけれど。

さて感想ですが、読んでよかった!!!

本の裏には「ヒーローだった兄ちゃんは、20歳4ヶ月で死んだ。」とあるにもかかわらず、兄ちゃんが死んだ場面では衝撃を受けましたー。

26万部のロングセラーとも。納得です。

ことばがきれいで比喩も独特、話自体は結構どろどろしてたりするのですけど、どんどん引き込まれて行きました。

西さん、現在30歳。この本が出たのが2005年ってことは27歳頃に書いたってことでしょう。すごいです。

本屋で「あおい」も買ってしまいました。

真ん中。これは既に映画化されているとは知りませんでした。

この人のことは4年ぐらい前に知りました。有名な本屋さんが、「これから注目の作家です」といっていたので。

その時に読んだ「図書館の**」はいまいち。なんだか軽くて物足りなさを感じたように思います。

でも、これはよかったー。不覚にも公共交通機関の中で泣きました。

ちょっと前に読んだ「卵の*」もよかったし、これもよかったので、あの本屋さんは作家の素質を見抜く力があったんだなあと改めて思いました。私にはなかったんだわとも。

それから、左の。映画はテレビでもやっていたとか。見ませんでしたが、兄弟のキャストは知っていたので、本を読んでてもその人たちの顔になっちゃって・・・

弟のキャストはぴったりと思うけど(失礼だろうか)、兄ちゃんはカッコよすぎやしませんかー。

江國さんの独特な世界が好きで買ってしまうし読んでしまいますが、いつもいつもどの本も、最後のところまできて「ここから先は自分で考えてねー」と読者が投げ出されてしまうような気がしてしまうのは私だけでしょうか。

江國さん、「この2人の男性には、自分のスタイルと考え方があります。それさえあれば大丈夫、と、私は個人的には思うのですが、世界は荒野ですから、彼らがこの先どうなっていくのかは分かりません。」とか書かないで、なんかお話をすーっと終わらせて欲しいと思っているのです。

江國さんの「わからないふうに書けていればうれしいです。」って、十分そうなっていますよー。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-21 20:10 | BOOKS

金比羅

c0108768_11443455.gif先日、金比羅に行きました。1368段(数えたことはないけど、パンフレットにそう書いてあります)上って、初詣をしました。

久々に行きましたが、やっぱり階段は苦しい!!なんで昔の人はあんなに高い所に本殿を造ろうと思ったのかー。

おみくじは中吉。

「古きをすて、新しきにつくがよい。あまり一つの物にとらわれて役にも立たぬことを思ってはだめです。元気を出して捨てる捨てるべきはすて進む所へ進め。」

要は古い物は捨てろってことね、それって掃除しろってこと??って違ってますかー。

何はともあれ、良い一年にしたいものです。

さて、琴平に行ったのは初詣もあったけれどテレビで見て気になっていたこちらがメインです。

c0108768_11491334.gif

最も気になっていたのは伊藤さんの絵。全く知らない人でしたけど、テレビ画面を見てとても美しいと思ってしまったのです。
c0108768_145571.gif

実際に見ると思ったより小さくて驚きました。テレビって大きく広く映るのね。

しかも会場は作品保護のためか薄暗いですし遠いですし、テレビの方が随分と鮮明に映っていたんで、ちょっと残念。

初めは白地に描かれてたのに、あとで別の人がバックを金色に塗ってしまったらしいです。白の方が色が際立ってきれいだったのでは?ゴージャス感をだしたかったのでしょうか。余計なことを・・・って感じもしましたが。

c0108768_1455204.gif

丸山さんの虎も有名らしいですけど、あまり虎っぽくないです。猫みたい。この時代に本物は見たことがなく描いたので、しかたがないのだそうです。

c0108768_14553414.gif

現代の画家の田窪さん。1949年生まれってことは59歳ですか。未完成でしたけど、完成したらすごいだろうな。あの広いスペースを絵で埋めていこうというそのエネルギーはどこから湧いてくるんだろう。

これらの作品、三重、その次はフランスに巡回されるよう。なかなか見ることができない貴重な物ですが、地元だから見られたんだなあ。

どうりでパンレットのアクセス蘭の空路案内、「東京」「鹿児島」「沖縄」「ソウル」なのねえ。って、高松からはそれだけしか飛行機は飛んでないって話だねえ。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-20 16:58 | EVENT

イングリッシュマフィン

c0108768_15294550.gif

イングリッシュマフィン、久しぶり。
c0108768_15301879.gif

イングリッシュマフィン、全部同じ大きさになったのは初めて。

c0108768_15303646.gif

イングリッシュマフィン、オーブンで焼いたのは初めて。

c0108768_15305015.gif

イングリッシュマフィン、型で焼くのは初めて。

今までは、2次発酵終了後フライパンで焼いていました。片面7,8分ずつ、パンたちを見守りながら焼いていたのですが、今回は200度で10分。

ということで、イングリッシュマフィン型実験が週末にやってみたいことだったのでしたー。

この型も先日のアルミでできています。2.5×30センチかな。

作っている途中で、両端は1センチぐらい折り返しを作って、折り返しの向きを反対にしておいて引っ掛ける部分を作ろうなんて、思いついてやりだしたんで、ちゃんとした長さが分からないけど。少々の長さは大きな問題ではなさそうです。

アルミホイルでアルミを巻いて丸型にし、内側に少し油を塗って焼き型準備完了。

型を並べて生地を置き、その上にクッキングペーパーを置き、その上に鉄板を蓋代わりにのせて発酵させたし焼成もした。

やってみて、うちのオーブンの構造だと型の高さ2.5センチは絶妙な高さであることが分かった。

さて、この型は大成功だったと言っても言い過ぎではなーい。だって、ちゃんと焼けたし、これも使う時は手軽に丸められて、収納する時は板状になってコンパクトにすることができるんだから。

夫には「自分のこと、褒め過ぎじゃないかー」と呆れられてはいたが、いいんです。自画自賛、好きなんですから!!

でも、パンとしては焼き温度を下げて、もう少しモッチリさせた方がいいかなということで、60点ぐらいかな。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-19 21:14 | BREAD

紅茶のクッキー

c0108768_21514583.gif

たかこさんのレシピで紅茶のクッキー。簡単だし、美味しいし好きな味です。時間を置くと、バターもなじんでさらにおいしくなりました。

さて、このクッキー。2週間ほど前にも一度焼きまして、失敗したのでした。

敗因は、紅茶と生地の厚さ。

まず、家にパックの紅茶がなくて、リーフをゴリゴリすって入れたら、えらく渋味が出てしまったのでした。

また、書かれているより大きな正方形に生地を伸ばしてしまったので、カットしたらえらく薄っぺらなキューブになってしまいました。

それを焼いちゃったので、えらく焦げちゃって・・・。しかも、2倍量で作ってたものですから、大量に小さな焦げたクッキーができちゃったわけです・・・。

途方に暮れてたら、夫が「職場に持って行こう」と助け舟を出してくれました。

「ちょっと渋いし、あんまり甘くないし、焦げてるし。なんか、*ロリーメイトみたいだねえ。」と、けちょんけちょんに言ってたのに、いいんですかー。本当に持って行くんですかー。

正直、同僚の人が怒るんじゃあ・・・ビビってました、私。

それでも、帰って来た夫におそるおそる聞いてみました。「どうだった?」

「それがさあ、みんなものすごく忙しくって、昼ご飯も食べられないくらいだったから、クッキーの袋の横を通るたびに誰かがつまんで食べてて、あっという間になくなってた。感謝されたわ。」とのこと。

それは良かったー。お腹がすいているって、どんな食べ物も美味しく食べることができるのねー。

言っときますがこのクッキー、*カロリーメイトじゃないんで、栄養バランスはとれちゃあいませんよ。
[PR]
by meefo870 | 2008-01-18 21:49 | SWEETS