<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

癒されるもの

c0108768_14274529.gif

職場の人に教えてもらったここ。すごくいいから,行ってみたらと薦められたのでした。

こんな所があるなんて,しかも,昨年の秋にオープンしていたなんて全く知りませんでした。

2階にナカシマさんのデザインした家具が展示されています。狭い場所なんで,あっという間に見終わりそうと思ったんですけど,作品の解説をしてくれる男性が現れまして。

実際に家具に座らせてもらったり,デザインや素材の特徴を教えてくれたり,解説がとても興味深くてあっという間に時間が過ぎていました。

入館料500円ですけど,お話を聞くことができたら,お得感いっぱいです。

下のスペースは喫茶コーナーですが,ナカシマさんの椅子がいっぱい。どれにも座ってみたくて,うろうろしておりました。座り心地がいいんです!妙に癒される椅子なんです。不思議です。

ただ,値段がよすぎるので,私には高嶺の花です。某有名俳優さんが奥さんと買いに来たとか,某有名女優さんがここの家具を雑誌で紹介されたとか。某国の大使館の人も買いたい家具らしいです。私も1脚でいいんで欲しいなあ。「いつかはナカシマ」ってのを合い言葉にしましょうかー。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-28 21:57 | EVENT

最近読んだ漫画

c0108768_1412962.gif

最近読んだ漫画。

私はアマ*ンさんのいいなりですからねえ。知らない作家さんのも買っちゃってます。

で,続けて読もうと思ったのは「うさぎ」,かわいい。がんばれ,大吉。でも,現実の子育てはそんなに甘くなさそうよ。

それから吉田さん。ものすごく鎌倉に行ってみたくなります。大人テイストで面白い。

オノさんはだめでした。絵が苦手なんですね。

村上さんは新聞の広告で大きく載ってましたが,うーん,これまた絵が苦手なんです。夫の心にはかなり響く本であったようですが,それが理解できなかった私です。

ドクターも微妙です。気になると言えば気になるけれど,買うほどでもないかなあ。悩みます。

その他,「もやし**」を読んで,地ビールに興味津々の私。浴びるように飲める身体ならと,自分の飲めない体質を恨んでみたり。

「坂道のアポ**」はCDBOOKが欲しくなっており,「うごかし*」は2巻もよかったなあと思ったり。

読みたいものはいろいろあるので,漫画がもうちょっと安かったらなあと思うのでした。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-26 21:24 | BOOKS

ロールパン

c0108768_22424745.gif

ロールパンを焼きました。巻くのが難しいです。いつがきても,コロンとしたのが焼けません・・・。

さて,流星群。

20日の10時半過ぎに1個,21日も10時半過ぎに1個,計2個見ました。

職場で2人ほど観察したと言っていましたが,どちらも11時頃は雲のせいで見れなかったと言っていました。うちの辺りは晴れていたんですけどね。私はちょうどいい時間に観察を始められたんだと思います。ラッキーでした。

観察は,暗くて視界が広がっている所がいいだろうなと思ったんですが,1人で出かけるのは怖いので夫を誘うも,ものすごく嫌そうな反応でして・・・。「1個見たら帰る」という条件で,なんとか一緒に出かけてくれたのでした。

夫は現地に着くなり「あっ!」と言い,「もう見たから帰る」と言うではないですかー。「私,まだ見てないんですー!!」と訴えて,約10分後に長く尾を引くきれいな流星を見ることができたのでした。

ところが,一緒に出かけた犬の郁蔵が行方不明になってしまいました。綱も無しで出かけたのがダメでしたー。奴は,「自由になれた!」と喜び勇んで,どこかに消えてしまいましたー。こちらは暗いもんだから呼ぶしかなくて,夜中に「いくぞー!!」と叫ぶ夫婦。怪しいし,近所めいわくー。

星を見るより,郁蔵を探している時間の方が長かった気がする・・・。しかも,連チャンで同じ状況に。学習しない飼い主でしたー。

さて,今回の流星群。「見えるかなキャンペーン」の結果を見ても,私が見た時間は,そんなに目撃情報数は多くなかったし,1番多いと言われていた21日の23時でも,うちの地域ではそれほど目撃情報は集まっていませんでした。前評判ほどではなかったかな。

なにはともあれ,見られて嬉しかったです!
[PR]
by meefo870 | 2009-10-23 23:01 | BREAD

久々のカンパーニュ

c0108768_21184161.gif

久々にホシノでカンパーニュ。中には,栗の渋皮煮を入れました。

栗から随分と水分が出て,これでパンになるのかーとかなり焦りました。

今年の渋皮煮は,渋皮がうまく取れてなくて,食べた時の口当たりがいまいちです。だから,仕事から帰ったら口に入れて,疲れた時の甘い物は幸せーなんてことがなくて,消費率下がってます・・・。苦労して作ったんだけれど,残念。パンとかお菓子に混ぜ込むかなあ。

今日から4日間,オリオン座流星群が見られるとか。22時から外に出るとか,4時まで観察とかは面倒だよねえ。でも,1個でも流星が見れたら楽しいだろうなあ。がんばって見るかなあ。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-19 21:23 | BREAD

金木犀

c0108768_20324140.gif

先週,蕾だった庭の金木犀。ということで,これは先週の写真。

今は一斉に咲いて香っています。
c0108768_20263254.gif

郁蔵は興味無し。まあ,花を愛でる犬も気持ち悪いけど。

それにしても,植えた当初から比べると随分と木も大きくなりました。

今朝,近所の方の庭からもいい香りがしてたので見てみたら,1階の庇も越えるほどの大きな金木犀でした。そこのおじいさんに聞いたところ,樹齢35年以上なのは確かだけれどとの返事が返ってきました。おじいさんのお父さんが植えたもので,いつ植えたのかはわからないのだとか。転勤族だったおじいさんがここに帰って来た時には植わってたってことらしいです。

うちのも大きくなれ!
[PR]
by meefo870 | 2009-10-18 20:32 | GARDEN

ジェノバソース

c0108768_21544592.gif

少し前の話ですけど,今年も作りました,ジェノバソース。

パスタに絡めて食べました。

今年,バジルにはつらい思いをさせました。しょっちゅう水をかけ忘れて,しおしおになってましたし,サラダとかにも全く使わず,このソースにだけなったのでした。すみません,バジルさん。

鶏肉を漬け込んで焼くかなあ。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-16 22:55 | FOOD

岡山に

c0108768_21584391.gif

先日,用があって岡山に行くことになりました。

公共交通機関にするか車で行くか,悩んだんですけど・・・。時間とお金の両方ともが「車」の勝ちだったんで,車で行きました。二酸化炭素,排出してきましたー。すみませーん。

高速道路が安いって凄いことだなあ。でも,橋を渡るのに別料金を取るってのは納得いかないですねえ。だって,こちらに住む者は橋を渡らないと出かけられないんです。ですから,1000円で乗り放題なんてほとんどあり得ないんです。これは島に住んでいる人のせいなんですかー。同一料金にして欲しいでーす。

さて,岡山市内での運転は怖かったー。道が分からないこともあるんですけど,路面電車が並走するんで,どきどきでしたー。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-15 21:51 | EVENT

最近読んだ本

c0108768_2120406.gif

左の。

やっとライラ,読み終えましたー。ほう,本当に複雑な話になっていて,誰が誰だったか,何が起こったんだか,整理がつかぬままの私です。こんなんじゃあ,読んだとはいえないですねえ。

今,私の中にあるミュレファとか,ガリベスピアンとかはどんな風に映像化されるのかと,見たい気持ちと見たくない気持ちが半々です。

と,映画について調べたら2作目は無期限で制作延期なのだとか。不景気だからって理由らしい。確か主演の女の子は,原作を読んでライラは自分がやるんだと決めていたという取材記事を読んだことがあります。延期されちゃったら,彼女の方が成長してしまって,ライラ役ができなくなってしまいますよ。

長編のハリーがいい例で結構大変そうですからね。

ところで,私のバックボーンに宗教の影響はないですから,ヨーロッパで危惧されていたような,この本が子どもたちの宗教観に悪影響を与えるなんて全く思わずに読んでしまいました。

翻訳物を読む時,作者が持っている文化と読み手の文化が一致しないと,ちゃんと伝わらない部分がでてくるよなあと思います。笑えないし,怒れないし,感動しないみたいな。だから私は,ついつい日本の作家のばかり読んでしまうんですよね。これでいいのかー?とも思うんですけどね。

右の。

これはテレビドラマにもなっていたので,ちょっとだけ知っていました。本屋には平岩さんの本がずらーっと並んでますけど,彼女の作品は全く読んだことはなかったのでした。

どうしてこの本を買おうと思ったのかは,自分でもよくわかりませんが,手に取っていました。新装版になってたからかなあ。で,読み始めたら面白い!それにしても時代小説は,いつの時代に書かれた物であっても新鮮な気持ちで読めるのがいいです。これなんて1979年の作品ですが,全然関係ないんですから!

毎回,事件が起こるんだけれど,ふーんとか,ほーんとか思いますね。超難解な事件ではなく,40ページぐらいの短編です。寝る前にちょっと読むのにぴったりの長さです。と,ついつい2話3話と読んでしまうこともあるんですけれど。

私は勝手に「るい」の役を吉永さんがやっていたかと思ってましたが,たぶん真野さんだったのでしょう。東吾の記憶なんて全くないです。でも,村上さんだったらイメージだなあ。男前じゃないとダメですからね。るいが沢口さんもいいですね。高島さんでは,しっかりしすぎな感じだなあ。

と,どうやらこの小説,浅見君のように周りの設定は変わらず事件が起き続けている感じじゃなくて,年月が経っていってるんですよね。なので,この先どうなって行くのかってのが気になるんです。子どもも産まれるみたいだし。今の巻では,人目を忍ぶ仲ってことになってるのに,子どもとなーって思うんで,やっぱり先が読みたいわけです。

で,調べてみたら今年の9月にも出てて,34巻って。えーっ,どうしよー。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-12 10:52 | BOOKS

最近読んだ本

c0108768_19343429.gif

左の。

初めて読みます,松井さんの本。大きな賞を取った本なのですね。知りませんでした。

この本,初めは本当に??????の連続で,ものすごく難解に思えたんですよね。で,くじけそうになってしまいました。が,解説を先に読んだら,種明かしはなかったんですけど,「伏線がいっぱい張ってある秀逸な話だ」みたいな言葉が書かれてて,それに励まされ読み続けました。

途中から,本当に面白くなってきましたね。花魁て凄いわ。華やかなだけではないと言うことはなんとなく分かってましたけど,全く想像していた世界とは違ってました。この葛城の生き方は凄いし,賢いし,強い!最後まで読んだから,そんな感想が持てたなあ。

右の。

これまた初めての人ですし,「すばる」の賞をもらったという作品でした。

たしか帯に「初めての漢方の小説」とか書いてたような。これまた?????でして。

読んでいるうちに,そうなんだ,東洋医学専門の病院ってあるんだって知ったのでした。じゃあ,地元にもあるのかと検索したら,ありましたー。それに驚いてどうするって思いましたが,知らないということはそういうことです。

失礼なことに,漢方医って胡散臭くないかーと思ってましたが,ちゃんと医学部を卒業されてました。歴としたお医者さんなんですね。そうじゃなきゃ,怖くていけないなあとも思ったんで,妙に安心したりして。

患部を取り除いてすっきりしましょうという考えの西洋医学はすごいと思います。それに対して東洋医学は,全宇宙的なというか哲学的なというか,自然重視というか,なんとも不思議な人体観を持っているなあと思うんです。それが面白いし,そういうのもありだよねって私は思ってしまいました。

今,病院に行ってみようかとは思わないんですけど,いつかお世話になるかも。セカンドオピニオンは漢方医ってのもありかも。中島さんの本を小説として楽しむんじゃなくて,情報誌みたいな読み方をしてしまって,申し訳ないですねえ。

主人公のみのりが自分の症状に納得して腑に落ちた時,改善の方向に向かった気がしますね。そういうのきっと大事なんだろうな。

ただ漢方薬はまずそうよ。良薬は苦いものと決まってるみたいだし,美味しい薬ってないんだろうな。
[PR]
by meefo870 | 2009-10-11 20:07 | BOOKS

なんでこうなるの!

c0108768_20483580.gif

ぱっくり開いたバゲット。

悲しいかな,これは側面。

ちゃんとクープを入れた上部は,びくともせずといった感じ。

もう,バゲット諦めるかなあ・・・。それも悔しいしなあ・・・。でも,こんなバゲットばっかり焼けたってねえ,ちっとも嬉しくないしねえ。
c0108768_2048519.gif

[PR]
by meefo870 | 2009-10-10 20:50 | BREAD