<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

かわいくて、かわいい。

c0108768_22195326.jpg

これは、楽しい企画展でした。

いくつかは知っている本があり、興味深く見ましたよ。どいさんのかわいいです。ハリーのシリーズもかわいかったなあ。スズキさん、パワフルです。

一番心惹かれたのは、上の鼠。めっちゃかわいい。

よーく見ると、すごくシンプルなパーツでできている。足とかねえ、単なる棒ですよ。それにもかかわらず、どうしてここまでかわいくて、表情豊かなのかと思います。すごいです。

でも、昨日まで知りませんでした。レオニとかレオーニが正しいってこと。私はレオニーだと思ってたんです・・・。何冊も読んだのに・・・。

それにしても、作家さんたちの豊かな表現力。羨ましくてしかたないです。自分にないものだから・・・。

それから、いくつかはキャラクターグッズになって販売されていたのが笑ってしまいました。立体にせんほうがええんちゃうの?って思ってね。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-27 22:32 | EVENT

好きなゲーム

c0108768_17101528.gif

久々にこのゲームを引っ張りだして来て、夫とやってみました。やっぱり面白い。一気にもうちょっと遊びたいモードの私。

でも、夫はそれほどのモードにはならず・・・。

こうなったら、このゲームを普及させるしかなかろうと、とある場所で普及活動開始。幸いなことに、興味を持つ人が3人現れそれぞれにゲームを貸し出し、ルールを覚えてもらいました。

ちなみに私が持ってたのは小さい版だったので、この際、大きいのに買い替えようと1箱購入。普及した人2人も購入しましたんで、にわかに売れ筋ゲームに昇格したんではないだろうか・・・?

で、この週末、我が家に集合でこのゲームをやっていたのでした。あっという間に2時間経過。4ゲームできました。満たされましたー。

この3人なら好きかもって予想は大当たりだったわー。密かに「恒例のサークル活動」に設定して継続してゲームができる体制を作ろうと目論んでいる私です。わはは。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-23 21:04 | EVENT

久々のレシピで

c0108768_21551942.gif

久々に熊崎さんのレシピで。プチパンを焼いてみました。

おいしいかなー。微妙だなー。なにがいかんのかなー?いや、こんなもんなんかなー。もうちょっとやってみようかなー。この辺であきらめようかなー。悩むなー。

別のん焼いてみようかな。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-20 16:55 | BREAD

カスタードがあったから

c0108768_13584397.gif

MIRIさんとマカロンを作った後で困ったのは、卵の黄身。普段、白身は余っても黄身が余るってあり得ないですからね。

その黄身を消費するために、プリンにするかと悩みましたが、カスタードを作りました。

じゃあ、カスタードをどうするかと考えて、こんなに寒いから折り込み生地も困らないだろうとコルネにしてみることにしました。ずっと前に買ってあった紙のコルネ型もあったし。

生地は前日に仕込んで朝から奮闘。

まあ、いろいろありましたよ。うまくパン生地が伸びない、生地を切る方向を間違えた、きれいに巻き付けられない、2次発酵が進まない、温度を上げすぎたら発酵中の生地からバターが溶け出した、焼き上がっても形が歪、食べてもちょっと固い!・・・などなど。

これっていいとこなしじゃんか。かなり嫌になってしまいましたー。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-17 21:55 | BREAD

誕生日用ってことで

c0108768_21344932.gif

連休にMIRIさんとやっていたのはマカロン。これで2回目。2人ともマカロンが好きなわけではないけれども、うまく焼けるようになってみたいもののひとつということは意見が一致してて、やってみたわけです。

ほんと、難しい!!!

今回も納得いくできではなかったけれど、私達、マカロンが好きなわけじゃないから、もう焼かないでおこうということにあっさりと決まったのでした。

それでもマカロンを焼くなら、絶対にやってみたかったデコレーション。偶然夫の誕生日だったんで、なんか、誕生日のケーキを用意したみたいになってよかったわ。

って、夫よ。君もマカロンを避けて食べるのかいっ!ってことで、やっぱりマカロンは作らないと思います・・・。

さて、今日はめちゃめちゃ寒い一日でした。昼間に雪が積もるなんて本当に珍しい。ちょっと小高い所にある我が職場。帰れるんかなあって真剣に心配しましたからね。

今、外に出てみたら、霙っぽくなってて、残念だなあなんて思ってしまってるんですけどね。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-14 21:11 | SWEETS

嫌がられた花柄

c0108768_2143356.gif

皮のことを習っている弟にもらったベルト。実物と随分色が違ってますが・・・。うまく撮れてない・・・。

これと良く似た既製品を弟の所に持って行って「こんなのの色違いが欲しい」と言ったら、これを作ってくれました。

リバーシブルになっていて、黒と焦茶で使うことができます。今持っているのは明るい茶色なので、気分で使い分けられそうで重宝すること間違い無しです。

ただ、どんな模様にするかということで、悩みまして。私は花柄でと思ってたんですが、「何故皮に花柄?」と全く認められず・・・。「望んでいることが理解できないんで、型紙に見本を作って行って」と言われ、道具を借りて見本を作りましたよ。

「その調子で自分でやったら?道具も貸すし」とまで言われましたが、丁重に断って帰って来ました。

一週間後、ポストに入ってました、このベルト。「お支払いは?」と払う気なんて全くなかったんですけど、とりあえず聞いてみたら、「いいよ、あげるわ」との返事。ありがとうねー。大事に使います。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-13 13:56 | GOODS

寒そうな顔

c0108768_2371020.gif

2日続けて雪が積もっていることって今まであったかなあ?

昨日は積もるかもと期待していたのでちょっとがっかりしたのですが、今日は全く知らなかったことだったので、積雪に本気で驚いたのでした。今日の方が多かったし!

郁蔵はえらく寒そうな顔で写っていますが、実際は全然そんな感じじゃなくて、めっちゃ張り切って歩いていたのでした。

この顔は寒そうな顔じゃなくて「写真なんかとらんと、さっさと散歩を続けやがれ」っていう抗議の顔ですね。

先日、獣医さんの所に連れて行ったら「最近、これほど立派な冬毛が生えている犬を見たことがない」って感心されましたからね。どうやら温度管理のされている所に住んでいる犬は、冬になっても冬毛が生えんらしいです。その点、結構過酷な条件の下でというかなんていうか、自然を感じる状況で過ごしている郁蔵は、本来の犬らしい犬ってことのようです。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-12 23:15 | 犬の郁蔵

寒い!

c0108768_21292557.gif

朝起きたら銀世界!を期待していたのですが、うちは海に近いせいかちっとも積もっていませんでした。ちょっと残念。

なんてこと言えるのも今日が休みだったからだなあ。これが平日だったら、いつもより30分は早く起きて外の様子ばっかり見ていたと思います。

c0108768_21321699.gif

めっちゃ寒いのに、鳥はなんでそんな所におることができるんか!
[PR]
by meefo870 | 2011-02-11 21:33 | DIARY

続いて読んでいる漫画

c0108768_2252165.gif

左から。

あいかわらずはちゃめちゃで。気楽に読みました。

後ろの真ん中。

これは明るいトーンなのに、内容は重くって。内容が重いのに、どうしてこんなに明るいトーンで描けるのか!凄いです。ちゃんと上中下と読みまして、戦争って・・・と虚しくなりました。

真ん中手前。

この人の本、始めて読みました。まあ、軽く読めます。ほんわかと。ほんっと、暮らしの中の一場面。上手に切り取るなあという印象です。

右奥の。

最近、この本には「実写化決定!」の帯がついてます。ふーん。連載はどのくらいまで進んでいるのかは知りませんが、この巻では、そうきたかと。なんかちょっとそうなって欲しくない方に進んでいるのよね。なんで、そうなるんかと。それが自然なんかな?今まで結構楽しめてたのに、このへんでやめとこうかなあなんて気にもなったりして。それかすっきり終わりが見えたらいいのになあなんて思ってしまう我がままな読者です。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-10 23:00 | BOOKS

再読なのか?

c0108768_2043774.gifc0108768_2044924.gif
家の本棚からこの本を引っ張りだしてきました。持ってたということは、一度読んだことがある本なのでしょうか?と、誰かに尋ねたくなるぐらい記憶にない話でした・・・・。たぶん、買っただけなんじゃないかな、私。

この本が出た頃にこの話を読んだって、ちっとも理解できてないと思うもの。途中で断念したのかも・・・。まあ、今読んでも私にとってはかなり難解ですけどね・・・。

みんながモヤモヤと生きている感じが苦しくて、確かに生きてたらモヤモヤは存在するけれど、晴れ間もあるんじゃないのと言いたい気分になりまして。

この小説を読んで、小説の中に出てくるたくさんの音楽が無性に聴きたくなりました。随分と動画サイトで検索して、古き良き時代の曲を聴きました。音楽っていいなと思いつつ、読みながらこの曲たちが頭ん中で流れたら、もっとモヤモヤじゃない感じがしたかもなあなんて思っています。
[PR]
by meefo870 | 2011-02-03 22:52 | BOOKS