<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

弁当

c0108768_22502881.jpg

先日、どーしても弁当を作らねばならなかったので、作った!

カニ、もうちょっと元気出せって感じやったー。

と、昨日は発熱。一日中もうろうとして過ごす。この寒暖の差についていけてないんだな。お友達と会う約束ができていたのに、キャンセル。ほんと、すみません。元気になれました。

今朝は平熱になってて、ほっ。仕事がたまりにたまっていたので、入ってた予定も縮小してしぶしぶ休日出勤。ここのところ、ずーっと休日も家で仕事。平日も遅くまで仕事。心も身体も休まらず・・・・。なんだかなあの日々が続いています・・・。
[PR]
by meefo870 | 2013-10-20 22:54 | FOOD

夫のスイーツ

c0108768_21523013.jpg

久しぶりにせっせとシュークリームを焼く夫を見たっ!

60個ぐらいあったそう。

おまけにロシアンシュークリーム。

当たりには梅干しが・・・。

でも、カラシとかワサビよりかは普通に食べられるらしいです。って、当たりたくはないです。
[PR]
by meefo870 | 2013-10-16 21:54 | SWEETS

いい温泉はこんな感じ

c0108768_162129.jpg

この旅館、かなり高い所にあるのです。これは旅館からちょっと離れた場所で撮った風景ですけど、まあ、こんな感じの所に旅館はあるのです。で、温泉は離れたところにあるんです。
c0108768_15758.jpg

これに乗って、下の渓谷に行きます。約5分。
c0108768_154072.jpg

かなりな勾配ですよ。
c0108768_1667.jpg

なんと、入ったら貸し切りやったーっ。
c0108768_174555.jpg

こんな景色を眺めながらのんびりつかりました。って、10分もしないうちに4人も来ましたが・・・。その後は団体さんとかも来てましたから、伸び伸びできた貴重な時間だったと思います。

温度は38度と低め。でも、外気がほどほどに高かったので、暑くもなく寒くもなくいい感じ。炭酸泉なので、皮膚が泡泡になって面白い。硫黄もかなり匂ってて、湯はやわらかくすべすべになりましたー。

c0108768_1132190.jpg

近くにはこんな物もありました。雄大ですかね。「こんな小さい物とは思わなかった!」と言ってた岐阜ナンバーのご夫婦。確かに、わざわざ見に行くほどの物ではないように私も思いましたよと、失礼な!すみません。

日帰り企画だったので、短い滞在時間でしたけど、非日常感は十分にあって、よい一日になりました。
[PR]
by meefo870 | 2013-10-14 01:16 | TRIP

いい温泉やった。

c0108768_0532736.jpg

この電車に乗って、夫と出かける。滅茶派手派手。よく見たら、ちょっと怖くもあります。
c0108768_055306.jpg

これに乗り換えて。これは、随分普通に見えます。物足りないくらいな気分ですー。
c0108768_0541456.jpg

ここに着きましたー。
c0108768_05626100.jpg

ここで、食事。
c0108768_0565942.jpg

c0108768_056539.jpg

c0108768_0564731.jpg

c0108768_113784.jpg

c0108768_057781.jpg


まあ、これ以外にも天ぷらとかいろいろ出て、お腹いっぱいでしたー。

でも、この旅のメインは温泉です!
[PR]
by meefo870 | 2013-10-13 23:02 | TRIP

最近読んだ本

c0108768_23244247.jpg

有川さんらしい、甘い甘い本でした。

普通、男の子は拾わないし。しかも、こんないい感じの男の子。いるなら私だって拾ってみたいですー。

時々、自分ちの庭の草を眺めては、イツキ君なら食べられるって摘んでくるだろうかと眺めることがあります。
c0108768_23422938.jpg

やっとここまできました。34巻。でも、なんでかここでこのシリーズは終わってるみたいなんです。そんなにはっきりと、シリーズは終わり、みたいな書き方じゃないんです。なんか、尻切れとんぼな感じなんで。それなのに、続きがないなんて・・・。

しかも、新シリーズの評判はあまり良くない・・・。世代交代で子ども達が主役らしいけれど、私としては、るいさんと東吾さんがどうなって行くのかが知りたいわけでして・・・・。

と、新シリーズのあらすじを読むと、前作の登場人物は、いろいろと悲しい事件に見舞われて亡くなっているではないですかー!平岩先生、そこまでしなくても・・・。とか言いたくなってしまいましたー。

c0108768_23281083.jpg

やっと、読み終えました。最後まで読み切ってよかったです。これ、途中で投げ出したら、この本の良さが半減ですね。

最後まで読むことを薦めてくれた友に感謝です。おばあさんも、おじいさんもずっと宮部さんに守られている気がしました。彼に関わった人、皆がそうだと思います。

映画化されるようですが、過酷な場面は見たくないからなあ、見に行かないかなあ。

それにしても、この本の書評数が半端なくて驚きましたー。

この本を読み終わってしばらくしてからのこと。近所の90歳のおじいさんと立ち話をしている時に、戦争のことを聞きました。

任務地は台湾で、戦闘機に見つけられ危うく命を落とすところだったこと、理不尽な上官とのやり取りや、過酷な訓練や生活、自分の部下から慕われていたことなど、昨日のことのように話してくださいました。

どれほど大変な状況だったか、私の想像を遥かに超えたものだったはずです。この本とオーバーラップするお話に、泣きそうになってしまいました。いろいろ考えさせられた時間になりました。

それにしても、本を読んでなさ過ぎです。
[PR]
by meefo870 | 2013-10-06 23:52 | BOOKS