<   2015年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

兆治がやって来た。

郁蔵と別れてから、随分と経つなあ。
月日が流れるのはほんと早いです。

郁蔵がとてもよい犬だったので、もう、犬はいいかなって思ってたんですが、
ある日の朝、犬を飼おうと急に思ったのでした。
それも、もし、ペットショップで郁蔵と同じ誕生日の犬がいたら飼おうと思ったのでした。

そんな都合のいい犬がおるんか?と半信半疑で見に行くと、
なんと、いました。
同じ誕生日の子。
メスのトイプードルと、オスのパピヨン。

ちょこまかちょこまか元気元気くるくるくるくるするパピヨンに釘付け。
でも夫に相談しないとなあとその日は退散。

夫にはペットショップのホームページの犬の写真も見せ、賛同を得る。
次の日の朝一で店に行って予約。
他にも欲しそうな人がいたんですよと聞いて、早く来てよかったー!と心でガッツポーズ。

だってパピヨンはこの先、なんとかすれば手に入るでしょうけど、
郁蔵と同じ誕生日の子にはそうそう巡り合えないと思うので。

c0108768_09355589.jpg
今日もぎゃんぎゃんクークーふんふん言ってます。
まだ、自分を兆治だとは思ってなさそう。(笑)

[PR]
by meefo870 | 2015-12-20 09:46 | 犬の兆治

最終日

楽しいときというのは、あっという間に過ぎるなあ、って現地で思ってましたけど、
こうやって記録を書いている今は、もっとそう思ってる!!!
もう、遠い彼方の事のようですもん。

私たちが泊まっていたホテル。
あっ、玄関とかとってないなあ。
友だちが取ってくれたんですけど、私たちが経験した事もないようなホテル。
c0108768_13295190.jpg
これは入り口のドア。
見ようによっては、開いているみたいに見えます。
ちょっとしたトリックアート。
c0108768_13292523.jpg
部屋は、まさかのダブルベット。
しかも、窓がない。
極狭物件。
さらに、スーツケースが同時に2つ開けられない。

どうやらこのホテル。
口コミの賛否が激しく分かれているらしく・・・。
たしかに、自分の部屋に帰るまでに見かけた別の部屋は滅茶快適そうだったからなあ。
まあ、これも今となっては楽しい思い出ですな。

荷物の片付けは終わっていた私。
スーツケースは1個しか開けられないんで、出発まで1人で散歩に行く事に。
c0108768_13485204.jpg
近くの教会。
ちょうど日曜日で、ミサが行われていました。
中へどうぞと案内されたけど、時間がなくて。

ここの町、たくさん店は続いているのに、アーケードとかはない。
その道に古本市が開かれててびっくり。
c0108768_13510966.jpg
しかも、多くの人が利用中。
c0108768_13495762.jpg
私も、記念に読めもしない現地の本を買ってきました。
記念ですからいいんです。
c0108768_13531557.jpg
帰りは、ほぼ1日移動日でした。
曜日限定で、この空港に直行の列車に乗るチケットの2人用ってのがあって、それを購入。
ちょっとお得でした。
空港まで約20分。
あっという間に着きました。

空港では、自動チェックイン。
日本語があって便利。
c0108768_13555056.jpg
自分で、スーツケースにビラビラの荷物のタグもつけなければなりませんけどね。
この空港で、一人旅をして帰国するという名古屋の女性に会いました。
うちのホテルの前に泊まってたようです。
私と友も長く一緒にいたので、会話が減っていたところだったので(笑)
彼女と3人で話すのは楽しかったのでした。
c0108768_14005365.jpg
これでいったん入国した国に戻り、ってことは、ほぼ国内線の感覚。
パスポート不要だし。
私がこの国を訪れた証拠は残ってないってことです。
なんかつまらんなあ。

到着地から出国手続きをして国際線に搭乗となります。
でも、この乗り換えがグダグダ。

私たちは、かなり時間的に余裕のある乗り換えだったので、何も困らなかったのですが、
ロシア行きの人がすごく混乱してました。

というのも、向こうの係の人、たぶん勤務時間が終了したんだと思うけど、
予告もなしに入国審査の窓口を閉めちゃう。
そうなると、それまで並んでた列が無効になってしまうってことが起こります。

誰も「もうすぐ閉まりますよ」とか表示してないんで、
これは、くじのようなものです。

たまたまラッキーな事に、私たちは閉ざされることはありませんでした。
でも、隣りの列の窓口が閉められ、しかも、そこに並んでた搭乗時間が迫っている人は、
ちょっとしたパニックに陥ります。
その気持ち分かります!

で、自分のチケットを見せてきて、前に入れさせてと頼んできます。
私たちは余裕なので、どうぞと言えるんですけど、
私たちの後ろに並んでいる人で、急いでいる人もいて、
その人達は間に入れてあげるんは嫌なんです。

なので、私たちが譲ってると、後ろから「NO!!!」って声が。
ああ、その気持ちも分かります!!

なんだか、殺伐とした入国審査になったのでした・・・。
なんとか改良しようよ。
c0108768_14034438.jpg
こんなに森がいっぱいなのに、森を見ずに帰ってるなあって思ったり・・・。
ミートボールと蕎麦って何?って思ったり・・・。
c0108768_14133690.jpg
c0108768_14135341.jpg
でも、楽しかったなあ。
今頃、向こうは寒いんだろうなあ。
日も暮れるのが早いんだろうなあなんて思いを馳せています。

ああ、帰りにバスの時間があったんで、空港でマッサージもしてました。
これも、もう私たちの旅のお約束になってます(笑)

ああ、どこか行きたいなあ。

[PR]
by meefo870 | 2015-12-14 22:25 | TRIP

7日

c0108768_12495790.jpg
セーデルマルム島に行ってみようということで、列車に乗って。
たった2駅ですけど。
ちなみに中世の町はここまでの途中にあって、1駅目。
c0108768_12463240.jpg
港に入っていたこの船。
いつか、乗ってみたいなあ。
c0108768_12534229.jpg
なんかのんびりした町。
c0108768_12544435.jpg
ぐるっと散策。
この車、よく見るとスポーツ飲料みたいな絵が描いてある事に今、気がついた。
c0108768_12564192.jpg
スポーツ飲料を運ぼうとしていた2人の女性。
何が起こったのか分からないけれど、大量のペットボトルが転がり始め・・・。
微妙に坂なので、大変な事に!!!!!
友だちと一緒に拾ってあげたら、一本ずつくれました。

そこまではよかったんですけど、
後で飲んだら、友だちのは美味しくて、私のは絶対に配合間違えている!って味でして。
どう考えても、工業製品だと思うのに、こんなことがあるのかーと驚いたのでした。
ゴミ箱行きになりました・・・。
c0108768_13015191.jpg
展望台ものんびり。

昼ご飯はどうする?ってことになり、一駅戻って3度目の中世の町。
c0108768_13021753.jpg
それほど、素敵じゃなかったなあ。
c0108768_13032240.jpg
c0108768_13033511.jpg
町並みは相変わらず素敵。
c0108768_13040262.jpg
これは、いつかやってみたい。
c0108768_13051932.jpg
c0108768_13042773.jpg
どういう写真がとりたいんだろう?

別の駅のアート。
c0108768_13060075.jpg
c0108768_13171988.jpg
c0108768_13062837.jpg
ジェップスホルメン島に向かう。
c0108768_13081895.jpg
ああ、この水の上も行けるバス。
この国でも活躍中なのね。
c0108768_13095091.jpg
この王冠が見たくてここへ来ました。
思いのほか大きかったんですけど、ただそれだけとも言います・・・。
c0108768_13110389.jpg
みんなのんびりしてます。
ほんと、何回「のんびり」って言っただろう。
私の日常の中に、こんな光景ないもの・・・。
c0108768_13120653.jpg
c0108768_13122783.jpg
船上結婚式かなあ?

近くの公園では、たぶん警察官が主催しているイベントだと思うんだけど、
大人も子どもも参加して楽しんでた。
c0108768_13144425.jpg
中にはこんなのも。
道着とか、本格的じゃん。

晩ご飯を食べるために、午前中に行った町にもどることに。
めざすはスペイン料理。
c0108768_13183113.jpg
c0108768_13165917.jpg
あっ、ハーブ。
c0108768_13185658.jpg
あっ、悪い奴。
c0108768_13192169.jpg
みんな外が好き。
c0108768_13194717.jpg
でも、ブランケットかぶってる!寒いんか???
たしかに、ちょっぴり肌寒い気がする。
c0108768_13204313.jpg
行きたかった店は満員。
落ち着いた先は、イタリアン。
c0108768_13212993.jpg
こっちの人、必ず「美味しかった?」と聞いてくる。
日本のお店では聞かれないなあ。
c0108768_13222375.jpg
ヨーグルトを手に入れてホテルに帰り、就寝。
健康的だあ。


[PR]
by meefo870 | 2015-12-13 21:45 | TRIP

6日目午後

午後からは、軍艦が展示されている博物館に行こうと決めたはいいけれど、ものすごい行列。
待ち時間が半端なさそう・・・。
と、途方に暮れながら芝生でぼんやりする私たち。
やっぱり、日陰のベンチは空いてます。
c0108768_12142428.jpg
みんな日なた好き。
c0108768_12170506.jpg
レトロなトラムも走っていました。
c0108768_12173589.jpg
ウッディー。
これに乗って、カフェに向かう事に。
c0108768_12182488.jpg
雰囲気のいいカフェ。
c0108768_12184649.jpg
軽く食べることに。
シマシマ服のおじさんとちょっぴり話す。
奥さんがこの国の人で、アメリカ人。
1ヶ月滞在するらしい。
いいなあ。

時間をおいて博物館へ行くと、それほど混んではおらず、すぐに入れました。
c0108768_12213440.jpg
c0108768_12220465.jpg
この大きな船は、約400年前の処女航海の時に沈没。
きれいなまま残っていたので、50年前に引き上げられて展示されているらしい。
巨大な船だし、ものすごく手がかかっているんじゃないかなあ。
沈んだ原因は不明らしいです。

再びセントラルに戻り、町の散策。
c0108768_12262755.jpg
駅の地下がめちゃめちゃ巨大。
しかも、駅ごとに模様が違ってるらしい。
ガイドブックに載ってた写真の駅を偶然見つけて、ちょっとうれしくなったー。

晩ご飯は、イタリアン。
ほんと、逃避し続ける私たち。
前日にも行った中世の街の中にある人気のレストランに行きました。
c0108768_12304154.jpg
いい雰囲気。
このレストランのシステムは、英語が苦手な私たちにはちょっとハードルが高くて・・・(笑)
c0108768_12282929.jpg
これは、メニューを指差せば簡単に手に入れる事ができましたー。
c0108768_12323019.jpg
このパスタ。目の前で作ってくれるんですけど、そりゃーおいしそうなんですけど、
麺、ソース、具、茹で方、仕上げ方と次々聞かれて
手にするまでへとへとに(笑)
でも、美味しかった!
それに自分達が食べたい分量を考えるのが簡単だったのでよかったー。
事前にもらったカードに注文履歴が残り、
帰りにレジでカードを出すシステム。
私は初体験のセルフのスタイルでした。
私が知らないだけで、日本にもこういうところあるのかな。

[PR]
by meefo870 | 2015-12-12 21:13 | TRIP

6日目午前

c0108768_11585645.jpg
朝はビュッフェ。でも、前の国のホテルより内容が少なくて残念。
c0108768_11594374.jpg
ホテルから出て、トラムに乗るために歩き出した私たち。
ここがかなり大きな町であることに改めて驚く。
都会に気後れするタイプなんで・・・。
c0108768_12103352.jpg
トラムでは、車掌さんが必ず回ってきました。

ということで、向かった先は野外博物館。
c0108768_12004350.jpg
ここの雰囲気はよかったなあ。
子ども達と出かけても楽しめる感じ。
c0108768_12020677.jpg
c0108768_12023472.jpg
のどかですー。

野放しのクジャク発見!
c0108768_12025161.jpg
c0108768_12030640.jpg
ちょっとしょぼい羽やった。って、後ろ向きじゃ、それすら分からん・・・。
c0108768_12043496.jpg
柵の向こう側には、トナカイ。
あ、前の国で食べたやつ。
船の中で、缶詰も買った・・・。
c0108768_12051127.jpg
見晴らしもいい。
c0108768_12054089.jpg
原住民の家。
この足、ものすごく魅力的。
c0108768_12063952.jpg
反対に回れば、昨日出かけた町並みも見渡せます。
c0108768_12071203.jpg
c0108768_12084154.jpg
ケーブルカーに乗ったりもできます。
のんびりした時間を過ごす事ができましたー。

[PR]
by meefo870 | 2015-12-11 22:58 | TRIP

5日目午後

c0108768_11184961.jpg
市庁舎から歩いて15分位。
ここにも中世の町並みが残っています。

この国が舞台だったのでこの本を読んだのでした。
本の設定が冬だったせいか、印象がずいぶん違います。

ものすごく、夏のこの国は素敵です。
ここに滞在中ずっと、この国、この雰囲気、好き!って思ってましたもん。
c0108768_11241037.jpg
ここでもハーブ。もういいっかなって、食べ物だけはあんまり認めてない・・・。
c0108768_11245534.jpg
お腹もいっぱいになったので、ここへ。って、食事してた所の目の前なんですが。
c0108768_11244044.jpg
ここに入って、改めてこの賞の偉大さを知りました。
日本人、すごいなあとも。

ついつい、日本人の名前を探しちゃう。
でも、こういう一般常識を知らないのが私だなあと反省も。
c0108768_11273465.jpg
たまたま展示されてたのは日本人のサインのある椅子。
c0108768_11282712.jpg
今年行った人も、サインしてましたね。
ああ、あの椅子!って、ちょっと叫んだ。(笑)

トランプめくりみたいに、椅子を持ち上げてサインを探し続ける私たち。怪しいね。
って、結構いろんな人が同じ行動をしてるんですけどね。
見つかったら嬉しい。

椅子に座ってる人を見たら、ちょっといいですかって立たせて裏を見せてもらいたくなりましたよ。
もちろん、しませんでしたけど・・・。
c0108768_11320582.jpg
こんなデザートが晩餐会には出されるようです。
うん、美味しいよ。
c0108768_11370342.jpg
近くに王宮もあります。
c0108768_11374199.jpg
交代式。
でも、台湾とか韓国とかのを見ちゃうと、
ピシッとやろうよって気分になっちゃうのは、私だからかな・・・。
c0108768_11375605.jpg
町並みも見て回る。
迷路みたい。
c0108768_11391996.jpg
c0108768_11394307.jpg
c0108768_11400209.jpg
ここの町並み、ほんと好きだわ。

ここまでは、ホテルから歩いて20分位。
これから鉄道やトラムには乗るかなってことで、
3日間乗り放題のカードを手に入れました。
c0108768_11412788.jpg
これは便利。
それに、この国ではゲートがあるし、このカードの提示を求められることもあったし。
買っといてよかったカードです。
c0108768_11475964.jpg
路線図も分かりやすい。
c0108768_11482619.jpg
かなり長い1日でした。

ホテルの近くで、郷土料理とかじゃないハンバーグステーキを食べて就寝しました。
c0108768_11491747.jpg
友だちと2人で、こっちの料理はもういいかなって、何度も言ってしまってる・・・。
なにゆえ、そこまで現地の料理を嫌がる私たち???

[PR]
by meefo870 | 2015-12-10 21:18 | TRIP

5日目午前

c0108768_10482354.jpg
目を覚ましたらいい天気でした。
c0108768_10484948.jpg
朝から、ウエルカムドリンク。おいしい。
c0108768_10492425.jpg
c0108768_10502404.jpg
着いた!3カ国目。対岸の国。
バスに乗って、セントラルに向かいました。
再びの、セントラルからホテルはすぐそこなのに、どうやったら着くのか分からず・・・。
駅の建物と道が妙に立体的に作られてて、最後までよく分からなかったなあ・・・。

なんとか、荷物も預ける事ができて、散策に。
空は快晴。気温22度。快適です。

さて、2015日12月6日の日曜日の新聞に、
世界的に有名な大きな賞を貰った人たちがこの国に着いたという記事が出てました。
10日(日本時間の11日)に祝賀会が行われるので、そのために渡航されたんですね。
c0108768_10550775.jpg
あそこに行くためですよ。
c0108768_10562657.jpg
c0108768_10563640.jpg
たくさんの人が見学に来ていました。
c0108768_10570255.jpg
中も見学ができます。
でも、ツアーに入らないと見る事はできません。
自由に見学じゃないんです。

でも、ツアーガイドは日本語に対応しておらず・・・。
日本語で解説が書いてある簡単なパンフレットをくれましたが、
案内は英語。

みんな、ガイドさんの話を聞いて笑ってるんだけど、全く理解できず・・・。
あのー、日本語の解説はたった3行なんでもう、読んですんだんで、
次に行きませんかーって、ずーっと思ってました・・・。

中は広いし、豪華です。
ここは、ブルーになる予定だったんですよね。
c0108768_10571866.jpg
c0108768_11021468.jpg
c0108768_11061732.jpg
c0108768_11064462.jpg
ここで舞踏会ですね。すごくきれいな部屋です。
c0108768_11074044.jpg
c0108768_11075405.jpg
絵を描いてるんじゃなくて、モザイク。すごい労力。
c0108768_11114129.jpg
c0108768_11115919.jpg
晩餐会で使用される食器のようです。
ニュースをガン見しよっと。


[PR]
by meefo870 | 2015-12-09 21:47 | TRIP

4日目

c0108768_10133601.jpg
ここでご飯を食べるのも最後だなあ、この国のんびりしてて好きだわとか思いながらの朝食。
写真を見ながら思った事。
食べたい物が精選されてる。(笑)

この日は、お土産を見るためにスーパーマーケットに行く事に。
c0108768_10150725.jpg
ついつい見てしまいます。こういうの。
かなり高級です。
てか、全般的に物価が高い。
c0108768_10161981.jpg
寿司、結構見ました。
売れてるのかなあ?
c0108768_10171433.jpg
結局食べなかったなあ。
というか、あまり心惹かれなかった私たち。
コーナーができてたんですけどね。
c0108768_10183353.jpg
昼ご飯を食べるためにまたまた港へ。
ホテルからゆっくり歩いても15分位なので行きやすかったんです。
途中にたくさんお店もあったし。
c0108768_10185923.jpg
c0108768_10191000.jpg
c0108768_10192234.jpg
何ご飯と言えばいいかなあ。
ちょっと塩辛かったサーモンのスープ。
ピラフとソーセージ。

ギターを弾きながら気持ち良さそうに歌っているおじさん。

近くの教会もみてみようってことでトラムに乗って移動。
c0108768_10211662.jpg
岩の中にある教会。
この辺から、デジカメ電池切れ・・・。写真無し・・・。

15時頃、ホテルに預けておいた荷物を持って2日前に見た船へ。

これも日本で予約できます。
事前に友だちに聞かれた事。
部屋によって値段が違ってるんよ、どのランクがいい?ってこと。
どう違うのかと聞いたら、安い方は「船室」、高い方は「客室」と書いてあるって。
じゃあ、客室にしようと決まりました。
上には上のランクがあるんですけど、まあ、そこそこの部屋。
日本人スタッフもいて、乗船前に詳しく案内もしてくれました。
c0108768_10234908.jpg
熱烈歓迎。
上に見えるのは部屋の窓。
4階分はある吹き抜けのロビーってことです。
c0108768_10265828.jpg
向かって右側の部屋だと外の景色が見えます。
左手側だと、ロビーが見えます。
c0108768_10271006.jpg
ということで、私たちの部屋。
これは、客室です。
ツインで、シャワーもトイレもあります。
船は揺れることもなかったので、快適。
レルトランや土産物店もありますし、
免税店とか、カジノ、ジャグジーもあります。

18時位にビュッフェタイプの食事を食べて一旦部屋へ。
1時間おき位に、催しもあったんだけど、私たち寝てた・・・。
c0108768_10324793.jpg
虹が出てた。
c0108768_10331201.jpg
21時頃の甲板からの写真だと思う・・・。
c0108768_10340827.jpg
ロビーに行くと自分達が乗り込んだときの写真が。
雑誌の表紙みたいに加工されて売られてて笑ってしまった。
随分修正された写真だったんでね・・・。

私たち、バーに行く事もカジノに行く事もせず、健全に就寝。
どれだけ寝たら気が済むのだろうってぐらい睡魔が襲ってきてました。
爆睡。

[PR]
by meefo870 | 2015-12-08 22:13

3日目

c0108768_09435801.jpg
朝、セントラルに行ったら、銅像が服を着ててびっくり。
c0108768_09444148.jpg
このトラムに乗って、港に向かいます。
でも、前日に見た船に乗るわけじゃあないです。
c0108768_09452735.jpg
すべて日本から予約できます。
2時間半の船旅。対岸の国に行ってきます。
中世の町並みが残るタリン。
c0108768_09474963.jpg
c0108768_09480237.jpg
かなり大きな船で、たくさんのショップがありました。
ゆっくりご飯も食べられます。
乗船直後、2時間座っても疲れなさそうな椅子を探してかなりうろうろしました。
自分達はソファーに座り、黒い椅子をオットマンにしてしまってる行儀の悪い私たち。ごめんなさい。
隣りの人がやってるの見て、楽そうって思っちゃったから。
c0108768_09502713.jpg
旧市街まで20分ぐらい歩いたかな。私たちが目指すのはあそこですね。
c0108768_09512027.jpg
こういう乗り物が似合う町。
c0108768_09514278.jpg
城壁で囲まれた町です。
c0108768_09522948.jpg
ヨーロッパ数カ国に行ってみて、広場はどこも似ているなあって思い始めました。
c0108768_09532241.jpg
c0108768_09533339.jpg
c0108768_09534582.jpg
昼ご飯は、スープとソーセージ。香辛料が効いてます。

城壁の下にはお店がいろいろ。
c0108768_09542490.jpg
この通りは向こうの端までニット商品のお店が続いていました。
姪のために、ニット帽を買いました。

城壁の上も上れます。

大きくない町なので探索も十分したしってことで、15時位の船に乗って帰ってきました。

セントラルに戻る途中で見かけたマルシェっぽい所で下車。
c0108768_10005083.jpg
c0108768_09555198.jpg
c0108768_10011149.jpg
c0108768_10013350.jpg
いろんな国のものがありました。

晩ご飯は、ガイドブックで見たお店にしようと決めていました。
c0108768_10023570.jpg
トラムに乗ってちょっと郊外へ。
老舗のお店で、郷土料理が食べられるってことらしいです。
地元の人も来ていました。
そう大きなお店ではなく、満席。
運良く2人席が空いて、あまり待たずに座れました。
c0108768_10033475.jpg
ミートボールもサーモンもジャガイモも、もういいかな。
一皿、でっかい!!!てか、私にとってはでかすぎ!!!
c0108768_10022550.jpg
ごちそうさまでしたー。


[PR]
by meefo870 | 2015-12-07 22:43 | TRIP

2日目午後

一旦、セントラルに戻りました。
別の線のトラムに乗って昼ご飯を食べに向かいました。
c0108768_09213693.jpg
カフェでごはん。サーモン。うーん、サーモン。生のディルとかタイムはもういいよ、って感じかな。
c0108768_09203245.jpg
もう一度セントラル周辺に戻ってきました。
c0108768_09250390.jpg
なんか、テレビの企画みたい。体中、サインだらけ。
c0108768_09254120.jpg
やっぱり、鳥が。
c0108768_09262735.jpg
港に行くと、テントのお店がいろいろ。真夏ですけどね。
c0108768_09272591.jpg
この船に乗って、島に渡ります。世界遺産です。
c0108768_09282755.jpg
c0108768_09295571.jpg
c0108768_09302125.jpg
港から一番離れた所に、このような大砲があったようです。
が、歩くの断念。道も土で歩きにくかったし、暑かったし。
c0108768_09323454.jpg
木陰の下にベンチを見つけて、アイスクリームを食べてた・・・。
木陰の下のベンチはほぼ100パーセント空いてます。
そこに座りたがるのは私たちだけ。
日なたの芝生の上では、ひなたぼっこをしてる人がいっぱい。
c0108768_09343644.jpg
船に乗って、本土に戻る。
c0108768_09351956.jpg
2日後に乗る予定の船を発見。あれよ、あれ。
ホテルに帰って、ちょっと休む。って、8時位まで寝てたような。
このままじゃだめだってことで、ホテルから30秒で着くイタリアンへ。
c0108768_09392135.jpg
c0108768_09395448.jpg
c0108768_09375388.jpg
確か10時ぐらい。
薄暗い位です。
一日が長いです。


[PR]
by meefo870 | 2015-12-06 09:41 | TRIP